パデル|おすすめのリストバンドと必要性

ギア

リストバンドって…必要なの?

カッコつけてるみたいで着けるの恥ずかしい。

今回はこんな疑問についてお答えしていきたいと思います。

結論

結論からいうとリストバンドは必要です!

というのも腕から汗をかく方は必ず使用したほうがいいです。

僕自身リストバンドってなんだか、カッコつけてるっていう偏見がありました。

なぜそのような偏見があったかというと手汗をかかないため、グリップが滑るという経験がなかったからです。

なので必要も無いのに飾りでつけるのって、なんだか違うよなと思っていました。

リストバンドの必要性

ではなぜ必要だと感じるようになったか、というお話をしていきたいと思います。

私は手汗はかかないものの、腕から汗はかきます。

テニスをやっていた時はそれがグリップまで滴り落ちるということはありませんでした。

ですのでグリップが汗で滑るという感覚を経験をしたことがありませんでした。

しかしパデルコーチを初めて2年目の夏。

「なんだかグリップが滑るなぁ!」と感じ始めました。

今までこんなことなかったのに…手元を見るとグリップが濡れていました。

しかも腕から滴り落ちて濡れているわけではなく、点々と濡れていたのです。

「なんでこんなことになるんや?」と考えてみたところ

こいつが犯人だと確信しました。

パデルは安全性を考慮するために、ラケットと腕を紐で繋いでいます。

この紐が腕汗を吸収してビショビショになっていたのです。

そして休憩のときにラケットを着けたり外したりすることで、紐とグリップが接触してたのです。

その解決策としてリストバンドを装着し、その上に紐を通すようにしています。

それ以来グリップが滑るという悩みはなくりました。

気が引き締まる

私は何か行動するときに形から入るタイプです!

形から入ると自ずとやる気が湧いてくることが多いからです。

レッスンのとき、お気に入りのパデルシューズに足を通して靴紐を結ぶと「よし!頑張るぞ!」という気持ちになります。

リストバンドも腕に通すと「よし!頑張るぞ」とさらに気が引き締まるようになりました。

みなさんもパデルの練習や試合の時、気を引き締めるつもりで装着されてみてはいかがですか?

私はリストバンドの必要性を知ったので、装飾品という偏見はなくなりました。

ガンガンつけていこうと思います。笑

おすすめのリストバンド

私はBullPadelの回し者ですが、ここはあくまで個人サイトなので正直にいいます。

正直に述べるとリストバンドは大手メーカーの商品でいいと思います。

なぜならパデル専用である必要性がないからです。

ご自分の信頼されるメーカーの商品を装着すればOKです。

ただパデルメーカーで揃えたいという方はそちらを購入されると、それこそ気が引き締まると思うので良いと思います。

私が使っているリストバンドはこちらです↓

まとめ買いしました。笑

NipponPadelさんのサイトに在庫がなかったので、メールもしくは電話でお問い合わせしていただけると郵送していただける思います。

 Nippon Padel
 513-0836 三重県鈴鹿市国府町 7658-13
 059-324-9089
 info@nipponpadel.com

まとめ

リストバンドはこんな方に必要

・腕汗がグリップに滴り落ちてしまう
・腕汗が紐からグリップに伝達する
・気を引き締めたい

そもそも手汗を書く方は吸水性の良いグリップや、タオル生地のグリップを検討されると良いかもしれません。

それでは今回はこんな感じになります。ちゃお!