【パデル大会】ウォーミングUP中に意識しておくこと【中級編】

戦略

どーも!Ashiyaです!今回はパデルの試合で勝つためにウォーミングアップ中から意識しておくことを確認してみましょう。情報は武器ですから、ウォーミングアップのときから勝負は始まっています。

 

【パデル大会】ウォーミングUP中に意識しておくこと【中級編】

情報収集しよう!

私が考えるウォーミングUPは情報を得るために行うべきだと考えています。もちろん体を温める・ショットや調子を確認するなどのアップをしないわけではありませんが、それよりも勝つために得るべきものが情報だと考えています。

「いやいや!たった5分でしっかり体を温めるべきですよ!」という方がいたら試合前から体を動かして温めておくようにしましょう!

情報とは

戦争映画やヒストリーなんかでも「これは情報戦だ!」なんてことがよくありますよね。スポーツも同じだと思っています。

技術力が高い人が勝ちやすいことは言うまでもありません。しかし技術力が拮抗した場合は「情報」を持ち、適切な戦術で戦えるペアの勝率が上がると私は考えています。

ではアップという短い期間にどんな情報を得ていけばいいのか確認していきましょう。

サーフェス

サーフェスとはコートのことです。オムニ、クレー、ハードなどテニスでは色々な種類がありますよね。ただ日本のパデルコートは全て人工芝になっていますので、UP中に確認して欲しいことは「滑りやすさ」です。

コートによっては砂が多くて滑りやすいことがあります。場合によってはコートの場所(前の方、壁際etc)によって滑りやすいところもあります。滑りやすい場所を認識しておいて、ボールが飛んできた場合は注意する。逆に滑りやすい箇所を狙ってミスを誘発するという作戦が立てられます。

またこの「滑りやすさ」というのは「人」だけではなく「ボール」もそうです。例えば砂が少なくボールの回転がしっかりグリップして予想以上に変化する、砂が多いところはイレギュラーするなども情報になります。

壁感

ホームコートや何回かやったことのある壁であれば、壁の特徴を熟知していることでしょう。しかし経験のない壁でプレーすることは予想以上にやりにくかったりします。

例えば跳ね返りです。自分が知っている壁の跳ね返りとどう違うか、「跳ねる」「跳ねない」これを知るだけでもポジションの微調整を行うことができます。

また壁からの景色が違うだけでも視覚的に違和感を覚えます。遠くの綺麗な景色で見えるコートもあれば、私の働くソラナのように「壁の一寸先は壁」といったコートもあります。

試合中に慣れていくことが大きいかもしれませんが、UP中に「自分が思っているよりもガラスを手前に感じるな」などの情報を得て、どう対処するか考えておくことが早目の解決策となるでしょう。

ボールの飛びやすさ

普段使っているボールと試合球が異なることも良くあります。私の働く施設ではDROPSHOTのボールで練習していますが、これは良く弾みます。

一方で日本の公式大会で使用するダンロップのボールは重く感じDROPSHOTに比べると弾みにくいです。実際に両方のNewボールでポルトレスの練習をしたところ、ダンロップの方が外に出る回数は少なかったです。

このように弾みにくいボールをレマテしていても相手のチャンスボール製造機になってしまいますから、ボールの情報を得て戦略・ショットを変えていく必要があります。

相手の特徴

コートの情報が得られれば相手の状態も同様に把握しましょう。以下の点に意識してみてください。もし自分の試合前に対戦相手が試合をしている場合などは、対戦相手の特徴をチェックしておくましょう。

得意なショット

相手が得意とするショットは何か把握してくことは大切です。相手の得意なショットが把握できれば、試合中そのショットを打たせないように心がけましょう。

苦手なショット

得意なショットと同様、苦手なショットの把握してください。相手の弱点を狙うことでゲームを有利に運ぶことができます。

まずは弱点を一点集中で狙うことをお勧めします。相手が対策を取ってくるまで弱点を徹底的に狙いポイントを積み上げましょう。

どちらのペアが上手か

パデルの基本戦略の中にフリッジと呼ばれるものがあります。フリッジについては次の機会にまとめますが簡単にいうとば弱い方を集中攻撃することです。

なんだかずるいような気がしますがプロの選手も行う常套手段です。プロであればレベルは互角になってきますので調子の悪い方や相性のいい方を集中攻撃といったところかもしれませんが…

ただ日本の大会においてはペアのレベルが互角でないときもよくあります。そこでどちらの対戦相手が弱いかペアで話あいましょう。

決してずるいことではありません。集中して攻撃してあげましょう!ただしエンジョイのイベントのときはやめてくださいね!笑

まとめ

  1. 試合前のUPは情報収集をしよう!
  2. 体を温めるウォーミングUPはコート外で行っておこう。
  3. 壁、コート、ボールの状態を把握しよう!
  4. 相手の得意ショットを見極めよう!
  5. 相手の弱点を見極めよう!
  6. どちらのペアが弱いかペアと話し合おう!

以上!今回はこんな感じで! ちゃお!

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

  1. 初級−スキルアップ初
  2. 初中級−スキルアップ
  3. 中級(※準備中)
  4. テニス経験者(※準備中)
  5. パデルのルール
  6. パデルギア

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。