【パデルショット】テニスと異なるパデルボレーの打ち方【テニス経験者向け】

ショット

どーも!Ashiyaです! 今回はテニス経験者が陥りやすい認識ミスの中の1つ「ボレー」について解説していこうと思います。ズバズバ打てるとかっこいいし、実際にワールドパデルツアーなんかでも激しいボレーボレーをしています。しかし時には「え?なにそれ?」というような中途半端なボレーが重要になってきます。どういうことか確認していきましょう。

この記事で分かること
  • ボレーの目的
  • ボレーの種類
  • 攻撃的ボレーの認識
  • 攻撃的中途半端とは
  • リスクの少ない中途半端
  • とはいえ【強=悪】ではない

【パデルショット】テニスと異なるパデルボレーの打ち方【テニス経験者向け】

ボレーの目的

パデルのボレーも見た目はほとんどテニスのボレーと同様です。しかし目的については明確にしておく必要があります。テニスの場合ボレーがウィナーになることも多いと思いますが、パデルの場合ボレーがウィナーになることは中々ありません。なぜならコートは小さくボールは壁から跳ね返ってくるからです。

ですのでボレーはあくまで組み立てに使用するものだという認識を持っておく必要があります。もちろん基本的に攻撃的であることに間違いはありません。

ボレーの種類

続いてボレーの種類について確認していきましょう。

パデルのボレーはテニスのボレーとほとんど同様で「スライスボレー」「ドライブボレー」「ブロックボレー」「パンチングボレー」「ポーチボレー」「ドロップボレー」「ローボレー」「ハイボレー」「ハーフボレー」「アングルボレー」などがあります。

この中で唯一使用しないボレーがあります。それが「ドライブボレー」です。(ドライブ=トップスイン)ということになりますがトップスピンは壁にあたってから跳ね上がります。ですので壁に当たったボールは滞空時間が多くなり返球しやすくなります。早く打つことで有効なショットになることはありますが、その時はパンチングボレーを使用します。

それぞれのショットの解説についてはまた別のときに行います。今回は「攻撃的」という側面からお話していきたと思います。

テニスとパデルで異なる攻撃的

テニスで攻撃的と聞くと「速い・強い」といったいイメージを持ってしまいませんか。

しかしパデルにおいて「攻撃的」というのはそれが全てではありません。テニスプレイヤーから見ると「なに?その中途半端なショット?チャンスボールなんだからもっと強く打てよ!」と思ってしまうようなショットが攻撃的であることもあります。

というのもこの「中途半端さ」が壁に囲まれたコート上で非常に大切になってくるからです。

攻撃的な中途半端

それでは攻撃的な中途半端とはどんなもんでしょうか?一番分かりやすいのは2バウンド目が壁際にくるような中途半端さです。「後壁・横壁・フェンス」に当たる前に2バウンドする、もしくは壁に当たってすぐに2バウンドするようなショットが有効です。(下図参照)

「でも真ん中に2バウンドになるくらいでボレーを打ってると壁を使う前に打たれるんじゃない?」と思う方もいるかも知れません。しかしパデルは「この1本」でポイント取るのではなくしっかりとラリーを組み立ててポイントを取ることがとても重要です。ですので上記のようなセンターにボレーを決めたいのであれば、その前のボールをワイド打ちオープンスペースを自分で作りましょう。

このときのポイントはワイドも2バウンド目が壁際になるようにすることです。こうすることで相手をしっかり揺さぶれます。パデル力の高い人たちはこれを狙って打ちしっかりと組み立てを行っています。

中途半端なボレーの良い点

上述した中途半端なボレーはリスクが非常に少ないことがポイントです。リスクには2種類あります。1つ目は自分がミスして相手のポイントになること。2つ目は相手のチャンスボールになりピンチな状況に陥ることです。

1番避けたいのは1つ目のリスクです。なぜなら2つ目のリスクは相手がミスする可能性という救いがあるからです。1つ目のリスクはそれがありません。

それを意識した上で2バウンド目が壁際にくるようにボレーを打つということは1バウンド目は壁際よりコート中心側にボールを打つことになります。(下図参照)

図からも分かるように青枠はリスクが少なく、まずアウトすることはありません。一方赤枠はネット、アウトする可能性があります。にもかかわらずテニス経験者はテニスコートでいう白線状(コート脇)にボールを集めることが良いボールという感覚が残っているため、リスクの高い赤枠内を狙ってしまうことが多いです。

さらにレボテ力のあるパデラ−にとって壁際にボールを打ってくれる人は正直対戦相手として楽です。なぜなら全てボールが自分に向かって飛んでくるからです。

もはや手塚ゾーンですね。(強いスライスがかかっている場合などはこの限りではない)

「強」が「悪」ではない

とはいえ強いボールが悪ということではありません。パデルにおいて強いショットは 「悪」という認識をしている方がいますが私はその意見には賛同しません。

全ては使い方次第だと思っています。

強いショットが打てるから中途半端なショットが有効的になり、中途半端なショットが打てるから強いショットが有効的になると思っています。私自身、中途半端なボレーに美学を感じていますがキレッキレのボールが打てると気持ちいいのも事実です。

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

初級−スキルアップ
パデル経験やテニス経験がまったく無い方でも少しずつレベルアップしていけるようにロードマップを作成しました。パデルに関して何かヒントを求めている初心者に届くといいなと思っています。
初中級−スキルアップ
パデルの魅力にハマり始めサラナルレベルアップを目指したい初中級向けにレベルアップできるロードマップを作成しました。パデルショットや戦術についてまとめていますのでぜひチェックしてみてください。
パデルのルール
テニスを知らない方、テニスのルールは知っていてもパデルのルールはよく分からないという方でも分かるように基礎的なところからパデルルールをまとめていきます。
ギア
「ギア」の記事一覧です。

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。