【パデル戦術】迷ったらセンターを狙って危険を回避しよう【初中級編】

戦略

どーも!Ashiyaです!試合中に苦しくて何を打ったらいいか困る時はありませんか?そんな時とりあえずの選択肢としておすすめのコースがセンターです。その理由について確認していきましょう。

この記事で分かること
  • センターをラ狙うとは
  • センターを狙う理由
  • ロブもセンターはおすすめ

【パデル戦術】迷ったらセンターを狙って危険を回避しよう【初中級編】

センターを狙うとは

センターとは真ん中のことです。前衛でも後衛でも迷ったらセンターを狙っておけばとりあえず安全だという戦術です。

センターを狙う理由

それでは何故センターを狙っていくのか確認してみましょう。

サイドアウトの確率が下がる

まず1つ目はサイドアウトの確率が減るという理由です。ワイドを狙う場合サイドにはフェンスやガラスがありますから直撃してアウトの可能性が上がります。その点センターには何もありませんのでネットとアウトにだけ気をつけておけばOKです!

私自身、試合中や練習中にミスが多発する場合は深呼吸してセンターの十字を狙ってショットを打つようにしてできるだけミスの確率が減るようにしています。

前衛の間が抜ける

センターは1番ボールが抜けていく可能性の高い場所になります。理由は以下のようなポイントがあります。

  1. サイドは抜けるとそれでポイントが終わる可能性が高いので、サイドを抜かれないように意識が向きやすい(センターへの意識が薄くなる)
  2. センターはペアワークなのでお互いの意思疎通が難しい。(選手A「これはペアが取ってくれる」選手B「これはペアが取ってくれる」選手AB「えっ?私のボール?」)

そこでセンターにボールが抜けると自分たちがネットに詰めることができ形成逆転になります。

後衛の間も抜けやすい

パデルの後衛ホームポジションはサイドガラスに寄り気味でセンターに大きくスペースができている状況です。そのため自分たちのボレーもセンターに抜けやすく相手に壁を使わせやすくなります。

アングルボレーが打ちにくい

アングルボレーとは角度をつけたボレーのことです。下の画像でチェックしてみてください。

自分がワイドにボールを打つと相手は角度をつけたボレーをしやすくなります。横の距離(ボレーを打つ選手からフェンスまでの距離)ができるとボレーが少し伸びてもアウトになりにくくさほど繊細なタッチを要求されないからです。

そしてアングルにボレーが打てるとフェンスを狙うことができるので自分でワイドに攻めたにも関わらず相手の良い返球がきてしまいます。

一方でセンターを狙って打った場合フェンスへの距離が短く角度もつけにくいのでフェンスを狙ったボレーは難しいです。

アングルチキータが打ちにくい

ボレーと同じ理由で後ろにいる相手でもセンターに打っておけば角度をつけたチキータは打ちづらくなります。

逆にワイドに打つとアングルチキータは打ちやすくなります。

ロブが抜けやすい

まだセンターの良い所があり、ロブも抜けやすくなります。その理由は単純に相手の頭上を交わしてロブを上げることができるからです。頭上を通すボールは相手に引っかかりやすいです。天井がなく高いロブを上げられるコートであれば、距離の長いクロスに上げることもいいです。しかし天井に制限あるコートが多い国内ではかなりのロブ制度が求められます。

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

  1. 初級−スキルアップ
  2. 初中級−スキルアップ
  3. 中級(※準備中)
  4. テニス経験者(※準備中)
  5. パデルのルール
  6. パデルギア

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。

戦略
スポンサーリンク
PADEL HACK