パデルにおけるスナップの必要性と使い方

ショット

スナップって何ですか?スナップ写真のことですか?

どーも!スナップ写真のスナップってそもそも何でしょうか!

狩猟用語で早撃ちのことを「スナップショット」って言うみたいですね!そこから日常をサッと切り取った写真のことを「スナップ写真」と呼ぶようになったみたいです。

ですがパデルやテニスにおけるスナップは少し意味が違うので注意してください。

スナップとは一体何か、どんな時に使用するのか確認してみましょう。

パデルにおけるスナップの必要性と使い方

スナップとは

パデルにおけるスナップとは手首を効かせることでテニスやゴルフと同様です。

手首を効かせる方向としては基本的に平手でビンタする方向と同じです。

手を包丁に見立てた時(手刀)の横スイング方向です。

他にもスナップを効かせる方向は色々とありますが、今回は基礎ということで横スイングをメインに解説していきます。

スナップのメリット

スナップを使うとラケットを振るスピードが瞬間的に加速します。

このラケットを振るスピードというのはスイングスピードではなくヘッドスピードです。

このヘッドスピードが上がることによって今まで取れなかったボールが取れるようになります。

スナップの使い所

それではどんなシーンでスナップを使うべきなのか確認していきましょう。

レボテ

1つ目はレボテです。

レボテといってもバウンドの高いレボテの時は使用しません。

相手がスライスボレーを打ってきた時などボールが壁に当たってから地面に当たるまでに時間がない時に使用します。

この時いくらスイングスピードを早くしたとしてもラケットのヘッドが走ってこなければ返球することは難しいです。

そこでスナップを効かせヘッドスピードをあげることでボールが地面に着地するまでの隙間にラケットを滑りこませることができるようになるのです。

私はこのシーンでスナップを使うことでたくさんのボールを拾ってきました。

コントラパレッド

コントラパレッド(コンパレ)は基本的に使用するべきではありません。

みなさんがご存知の通り天井の多い日本のコートではチャンスボールになることが多いからです。

スペインでも基本的にはレボテで返すと教えているようです。

ということはコンパレでなければ返せないシーンで使用することになります。

よくあるのがペアとネットポジションを取っていたものの相手にセンターを抜かれてボールが壁にあたり、地面に着地してしまいそうなボールをコンパレするとかではないでしょうか。

レベルが上がってくるとリフタードが後ろ壁に当たってしまう前にコンパレなどありますが…少し難しいのでこの話はまたにしましょう。

どちらにせよコンパレを使用するシーンというのはレボテ同様ボールが地面に着地してしまいそうな時というのがよくあるパターンです。(下図参照)

このとき腕の力に頼っていくらスイングピードを上げてもヘッドが走っていなければ間に合いません。

またスナップを効かせると面が上を向く急速が上がるというコンパレに必要な2要素をクリアすることできます。

コンパレは自陣の壁から相手コートまで跳ね返すために力が必要だと考える方がいますが、そうではありません。

それでも返りますが、スナップを効かせるほうが効率的且つ、少ない動作でコンパレを行うことができます。

私が遊びで背面コンパレの練習をしていますが、ラケットを力一杯スイングできる体勢ではありませんがスナップを効かせることで相手コートの後ろまで飛ばすことができています。

この投稿をInstagramで見る

K.Ashiya(@ashiya_solana_padel)がシェアした投稿

コントラパレッドラテラル

同じ要領でコントラパレッドラテラルの際にもスナップは有効です。

特に急速が上がるという点で大事になってきます。

スナップのデメリット

上述したシーンでスナップを使うことはおすすめしますが、それ以外のシーンで使用するとミスに繋がることがあります。

例えば通常のストロークで手首を使用した打ち方をすると、ショットが安定せずミスが多くなります。

これは手首を使用することで「ブレ」に生じているからです。

基本的に体は一連の流れでショットを打つほうが安定するからです。

フェイントや相手の虚をつくプレーとして使うこともできますが、上級テクニックですので自分のレベルに合わせて打ち方を考えてみてください!

まとめ

それでは最後にまとめていきたいと思います。

  1. スナップとは手首を効かせること
  2. スナップを使うとレボテやコンパレで拾える球が増える
  3. 変に使うとブレが生じてミスに繋がる

以上、今回はこんな感じになります。ちゃお!