【パデル戦略】ショットフェイントのやり方とコツ

戦略

フェイント結構たくさんあるんですね!これ全部自然に使いこなせるようになったら面白そうですね!

さて今回はフェイントシリーズのショットフェイントです。

【パデル戦略】ショットフェイントのやり方とコツ

フェイントとは

今回はポジションフェイントや動作フェイントとは違って相手が打つときではなく、自分が打つときにが相手を騙すフェイントになります。

前回記事や前々回の記事を読んでいない方はこちらをチェックしてみてください。
【パデル戦略】モーションフェイントのやり方とコツ
【パデル戦略】ポジションフェイントのやり方とコツ

ショットフェイントとは

ショットフェイントには2つあります。

広義にはショットを打つときにかけるフェイントとしています。

私が説明するときは2つの解釈に分けて説明してます。

  1. 自分があるコースに打つように見せかけて別のコースに打つショット。(コースフェイント)
  2. 自分があるショット打つときに別のショットを打つように見せかけるフェイントを使ったショット。(フェイントショット)

だたい予測はつくと思いますが、それぞれ解説をしていきましょう。

コースフェイント

コースフェイントとは自分のフォームによって打つコースを相手に読ませ、その逆をつくフェイントのことです。

コースを打つときのいくつかのセオリーにがあります。

例えばスタンスであったり、上半身の開きだったりします。

今回はスタンスでコースフェイントの説明をしてみます。

コースを打ち分けるときにオーソドックスな打ち方として、足の爪先と爪先を結んだ先にボールが飛びますよと教えるとこが多いかと思います。(下図参照)

このセオリー通りのパターンであれば青色チームは右側に意識が寄ります。

そこを逆手にとって逆をつくのがコースフェイントです。(下図参照)

ある程度のレベルまでは結構有効的に使用できるフェイントだと思います。

ただし注意点としては小手先のテクニックが必要ですので、それなりのリスクを伴うことを承知で練習するようにしましょう。

フェイントショット

つづいてフェイントショットについてみていきましょう。

フェイントショットとはあたかも「このショット」を打つぞ!と見せかけて実際には異なるショットを打つフェイントのことです。

フィンタ

パデルのフェイントショットで有名なものには「フィンタ」とよばれるショットがあります。

通常スマッシュの構えをするとディフェンス側はカウンターを狙って前に移動します。(下図参照)

それを逆手にとって力強いレマテを打つふりをして後壁で2バウンドするくらいの弱いショットを打つショットのことです。(下図参照)

場合によってはこれだけでポイントが決まることもあります。

フィンタのいいところはショット解説でもう少し詳しく説明します。

また実際に動画が取れましたのでこちらでも確認してみてください。

フィンタの動画

57秒あたりです。

この投稿をInstagramで見る

K.Ashiya(@ashiya_solana_padel)がシェアした投稿

リスクを追わずに打ったショットで1ポイントが取れました。

テニスでは考えられない、パデルならではのショットですね。

フィンタ以外にも

私が知っている限りで名前がついているショットフェイントはフィンタだけです。

しかしフィンタ意外にもフェイントショットはたくさんのパターンがあります。

サリダデパレッドを打つふりをしてチキータを打ったり、強烈なボレーを打つふりをしてドロップを打ったりと全てのシーンで使えます。

フェイント書とは上級レベルでは毎ショットではないものの当たり前のように使うテクニックです。

フェイントショットで重要になってくるのは相手にいかに「あ!あのショット打ってくるぞ!」と思わせられるかどうかです。

すべてはここにかかっていますので、偽ショットの雰囲気(オーラ)の出し方を練習しましょう。

まとめ

それでは最後にまとめにして終わりたいと思います。

  1. ショットフェイントに2タイプある
  2. コースを騙すコースフェイント
  3. 別のショットを打つフリをして騙すフェイントショット
  4. コースフェイントはセオリーを破る
  5. フェイントショットは思わせぶりフォームが大切

以上今回はこんな感じになります! ちゃお!

 

 

 

戦略
スポンサーリンク
PADEL HACK