【パデル戦術】サーブアンドダッシュでネットポジションを取る【初級編】

戦略

どーも!Ashiyaです!今回はサーブ&ダッシュという戦術について解説していきます。この内容は【サーブ初級編】と【ボレー初級編】を習得した方が行うことのできる基本戦術ですので、先にこちらをチェックしてきてくださいね!

この記事で分かること
  • サーブアンドダッシュとは
  • サーブアンドダッシュの良いところ
  • サーブアンドダッシュの注意点

【パデル戦術】サーブアンドダッシュでネットポジションを取る【初級編】

サーブアンドダッシュとは

サーブアンドダッシュとはサーブを打ってからすぐにネットに詰めることです。誰もがやる必須のパデル戦術ですのでぜひ習得してください。

テニスのように「ストローカーだから前には行きません」はパデルでは通用しません。パデルはストロークもボレーも両方できなければ勝てません。

サーブアンドダッシュの良いところ

パデルはネットポジションを取った方が有利です。その理由は以下の点です。

  1. ネットより高い位置からボールが打ちおろせる(ネットやアウトの確率が低い)
  2. ボレーは角度をつけやすくフェンスも狙いやすい
  3. スマッシュ系の強力なショットが打てる

サーブアンドダッシュができる理由

レシーブ側は相手のサーブを1バウンドさせてリターンをしなければいけないので、必ず後ろにいなければなりません。

逆にサーバーはサーブを打って相手がリターンするまでに時間ができます。その時間を使用して前に詰めることができます。

サーブアンドダッシュの注意点

サーブアンドダッシュは上述したように簡単かつ強力で必要不可欠な戦術です。しかし注意点もたくさんあります。この戦術のやること自体はサーブを打って前に走るだけなので難しいことはありません。しかし注意点を守ることのほうが難しくた大切になってきます。ですので以下の注意点が守れているか確認してみてください。

自分のサーブが入ったか見てから前にいく

初心者の方に多いですが、自分の打ったサーブがちゃんと相手コートに入ったか確認してから前に詰める方がいます。

これでは相手のリターンを打つタイミングで前に出始めることになるので、有利なポジションが取れません。むしろ最悪なポジションで相手のボールを受けることが多くなるので前に出ないほうがいいかもしれません。

ポイントはサーブを打ちながらボールと一緒に前に詰めるつもりで、ダッシュすることです。そして下の画像のオフェンスゾーン近くまでは頑張って詰められるようにしましょう。デッドゾーンでストップしないように注意してください。

相手が打つときに止まらない

一生懸命ダッシュするあまり相手がボールを打つときも止まらず走っている方がいます。前に一生懸命走っているときにロブで後ろに打たれるとすぐに切り替えすことができません。

相手がボールを打つ時はしっかり止まって四方八方どこにでも動けるようにスタンバイしましょう。これはサーブアンドダッシュに限った話でなくほとんどの場面での基礎となります。

目的地が間違っている

サーブアンドダッシュはただ前に詰めればいいというわけではありません。相手が打つポジション(打点)をみて、自分が向かうべきポジションを考えなければなりません。下の画像を確認してください。条件は以下の通りです。

  1. サーブをサイドガラスめがけて打った
  2. 相手はガラス付近から打ち返してくる
  3. ペアがストレートを守った
  4. 自分はサーブアンドダッシュをした

サイドガラスをめがけてサーブを打つことは初心者レベルではよくあることだと思います。このとき注意するのが②と③のコースは速いボールが飛んできやすいことです。①に速いボールは飛んできません。なぜなら距離が短く速いボールはほとんどアウトになるからです。整理すると

  1. ①はゆっくっりでしかリターンできない(距離が短いから)
  2. ②は距離が長く早いボールでリターンしやすい(抜けるとレボテは難しい)
  3. ③は②ほどではないが早いボールでも入る確率は高い(距離が長いから)

これを踏まえると①に関しては相手が打ってからでも足を動かして反応することができますが、②③に関してはボールが早いので反応が遅れます。ですので1歩で取れるポジションにつくべきです。

となると上の画像のようにサーブを打ってまっすぐ前に詰めているとセンターがオープンスペースとなり一歩では届かず、ボールが抜けてしまうことになります。

ですのでサーブアンドダッシュするときは次の画像のように②のコースをしっかり閉めて、1歩でボレーができるようなポジションをとりましょう。

①がオープンスペースになって危険と感じるかもしれませんが、基本的にはゆっくりなボールでしか飛んでこないので、しっかりと止まってボールをまっていれば反応できるはずです。

どうやってポジションを考えたら良いの?という疑問がでてくるかもしれません。そのときは次の画像のように「相手の打点とクロスの4角を結んだ線上、もしくは線上より内側」を意識しましょう。

ストレートの方はだいたい相手の正面でOKです。

これらを意識することで前にいる時の捕球率はグッとががるはずです。ぜひ意識してサーブアンドダッシュしてみてください。