パデルの練習を頑張っても中々上達しない人の特徴【正しい努力でスキルアップ】

パデル関係

どーも!Ashiyaです!今回は努力しているつもりでも中々上達しないと感じている人に対してもしかしたら意識できていないことがあるかも?という観点で述べていきたいと思います。

この記事で分かること
  • 上達しない人の特徴
  • 正解を知らない人はダメ
  • 自分のフォームを知らない人はダメ
  • 試合ばかりしている人はダメ
  • 球出し練習ばかりしている人はダメ
  • 考えないでラリーしている人はダメ

上達しない人の特徴

人一倍努力している人ほど上達しないことに悩むことが多いと思います。

何かに一生懸命取り組む人生というのはプラトー期間が続くことです。

いつも壁にぶち当たっていて上達していない気がするかもしれませんが、過去の自分を振り返れば必ず上達しているはずです。

ですが実際にあまり上達していない人も中にはいるのでそういった人にならないように注意するつもりでこの記事を読んでみてください。

正解を知らない

正解のイメージを持っていない人は上達するのが遅くなる可能性があります。

特に大きなポイントはフォームです。どんなスポーツにもそれなりに正しいフォームがあります。

最終的には自分自身に合ったフォームに変化していくかもしれませんが、初期段階から正解の見えない自分に合ったフォームを探すのは砂漠の中から針を探すようなものです。

自分が参考にしたい選手のフォームを一生懸命真似てみたり、多くの選手に共通する特徴を捉えて真似したほうが成長スピードは遥かに上がると思います。

自身でゴールや目標を明確に定めてそこに向かって突き進んで行くことが大切です。

私はパキート推しなのでこの動画でネットポジションでのショットの多くを参考にしています。

自分のフォームを知らない

正解を知らないと上達が遅いと述べましたが、自身のフォームを知らない人も上達は遅いです。

なぜなら正解が分かっていても自分のフォームを知らなければ直しようがないからです。

いつもボレーが振り遅れてしまう人の問題点が、構えるときのラケットの低さあるのに、自身のフォームを知らないが故に、ラケットを引くのが遅いと別の問題を意識してしまう可能性があります。

ラケットを早く引くにもある程度限界があります。それでもラケットを引くための筋肉が足りない!と勘違いしてラケットを引くための筋トレなんか始めてしまっては無駄とは言いませんが遠回りになっていることは明白でしょう。

まずは上手な選手の練習映像を穴があくほど見て、次に自分の練習動画を撮って比較しトレースしていくことがより早く上達するための方法です。

試合ばかりしている

普段忙しく時間のない人達がコートに集まり、「さて」となったら試合が始まるのが大半の週末パデラーです。

楽しいですもんね。試合。よく分かります。

ただし試合ばかりしていては上達しません。

恐る恐る打っているそのショットは試合ばかりしている限り永遠に恐れながら打つことになります。

もしくは打たないように工夫し始めるか、思い切って打ってミスします。

当たり前ですが戦術もショットもたくさん持っていた方が相手にとっては驚異です。

スマッシュを打ってこない選手は怖くないですよね。一方で少しでも甘い球がいったら直ぐに場外に出されてしまう選手は驚異です。

バンデッハもガンチョもレボテも全て同じしっかりと打てれば驚異になります。しかし1つでも苦手なショットがあればそこが相手にとって抜け道になります。取り敢えずそこにボールを配給しておけば一息つけるのですから。

苦手意識やミスのイメージを拭い去るには球出し練習をしなければなりません。

球出しばかりしている

逆に球出し練習ばかりしている人も試合に勝って上達を味わうことができません。

ショットの精度が上がっていても試合慣れ・実際のスピード感・駆け引き・相手の思考を読む力など総合的な力は養われません。

球出しのボールならちゃんと打てるのに試合では中々打てないという人は試合で勝つための能力が欠けている可能性があります。

球出しと練習試合は両輪だと思って同じくらい練習するようにしてください。

考えないでボレストしている

練習でボレスト(ボレー&ストローク)することが多々あると思います。

ボレスト練習の目的はその都度に応じてありますが、1対1で勝負するボレストなどで何も考えずにどんなボールもただ相手に速いボールを返す人が多いです。

自分に制限をかけてどんなボールでも早く返せるように練習しているのなら問題ありませんが、ただ何も考えずに早いボールを打っている人は上達しません。

相手の足元を狙ってチキータを打つとどういう軌道のボールが返ってくるのか、前後左右に揺さぶると相手はどんな思考でポジション取りすることが多いのかなど、自分が配給したボールによって相手選手の次の状態がどのような傾向になるのか予測するような練習の仕方、相手の裏を掻くための思考を養うための練習の仕方も試合に勝つために必要になってきます。

今打つショットを正確に打つためのボレスト練習、打った次の展開を予測するためのボレスト練習、最終的にはその両方を意識したボレスト練習をすると上達に繋がると思っています。

どんな練習も自分の意識次第で価値の高い練習に変えることができるはずです。意識改革から頑張ってみましょう!

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

初級−スキルアップ
パデル経験やテニス経験がまったく無い方でも少しずつレベルアップしていけるようにロードマップを作成しました。パデルに関して何かヒントを求めている初心者に届くといいなと思っています。
初中級−スキルアップ
パデルの魅力にハマり始め更なるレベルアップを目指したい初中級向けにレベルアップできるロードマップを作成しました。パデルショットや戦術についてまとめていますのでぜひチェックしてみてください。
パデルのルール
テニスを知らない方、テニスのルールは知っていてもパデルのルールはよく分からないという方でも分かるように基礎的なところからパデルルールをまとめていきます。
ギア
「ギア」の記事一覧です。

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。