パデルのリターンで確認すべきサーバーのポイント

パデルとは

パデルってアンダーサーブだから必ずしもサーバーが有利じゃなさそうだね!それでもレシーバーが気を付けるポイントってあるの?

どーも!ついにこのブログが生徒さんに見つかってしまうという事件が発生してしましました!Ashiyaです!

いえいえ日本のパデルレベル向上と私の野望の為に書き綴っていますので見つけていただき光栄です。

少しづつSEOも上がってきていますので、被リンクもぜひお願いします。

さて今回はサーブとレシーブについて確認していきたいと思います。

パデルは上記のようにアンダーサーブなので、初見の方はパッと見で派手さが無いなと感じる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

実は奥の深い深い駆け引きが存在しています。

パデルのリターンで確認すべきサーバーのポイント

私が注視している点について書いていきますので、参考程度に読み進めてみてください。

サーバーの利き手は右or左

これはサーブどころかパデルの全てに影響してくるお話ですが、右利きと左利きでリターンの対処方が異なります。

というのもパデルはスピンと壁の関係が非常に密接で、左利きの回転と右利きの回転で壁に当たった後の跳ね方が大きく異なります。

右利きと左利きの跳ね方の違いについてはまた別の記事でまとめてみようと思いますが、一度経験していただければ痛いほど分かると思います。

しっかりと頭の中を整理してリターンに挑みましょう。

固定orチェンジ?

パデルではフォアサイドとバックサイドを担当化することが当たり前です。

その為バックサイドからサーブを打ってフォアサイドに詰めてくるペアがよくいます。逆サイドも然りです。これを固定型のペアといいます。

下図参照

一方サーバーのサイドが移動した時、ペアも一緒にサイドを移動するペアはチェンジ型のペアといいます。

固定やチェンジという呼び方は地方性があるかもしれませんが、内容がわかっていればOKです。

この時固定ペアorチェンジのペアかによってリターンの戦法が異なってきますので意識しておきましょう。

また固定ペアの方が自分たちの役割を抑えており、ペアワークがしっかり取れる可能性があるので心してかかりましょう。

壁狙いorセンター狙い

私は相手サーバーが壁を狙ってくるのか、センターを狙ってくるのかでレベルを図ることができると思っています。個人的な意見になりますが…

まずパデルを初めたての頃は必ずといって良いほど壁側を狙う人がほとんどです。

私もそうでした。毎度のように壁側を狙っていました。

しかし壁側は取りにくいというのもありますが、壁側しか狙わない人はあまりパデルの戦略を持っていないというのが私の意見です。

戦略を持っている人はセンターもしっかりと狙ってきます。

なぜセンターを狙うかは別記事「パデルの試合中の戦略その①〜センターを狙え〜」にまとめていますので確認してみてください。

もちろん自分の弱点が壁側なので、相手が壁側を集中して狙ってくる。センターが弱点なのでセンターを集中して狙ってくるというパターンは別です。

ただ脳死で壁側ばかりに狙ってくる相手選手はパデルの戦略をあまりもっていない人と言えるでしょう。

逆にセンターにも配球してくるサーバーは厄介なペアと言えるので心してかかりましょう。

サーバーの立ち位置

相手サーバーの立ち位置によって飛んできやすいコースと言うものがあります。

これは単純でワイドにポジションをとる人は壁側。

センターにポジションをとる人はセンター側。

必ずとは言えませんし、逆をついてくる方もいますがあくまで参考程度に理解しておく必要はあると思います。

話がそれますが…

私は守・破・離という言葉をスポーツに当てはめています。守・破・離とは

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。 「」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。 「」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。 「」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

相手選手がどの段階にいるのか認識すると、心の持ちようが変わります。

ワイドなら壁側、センターならセンターと言うセオリー「守」を超えて「破・離」の段階で逆をついてくる人は要注意です。

この内容については面白そうなので、また別記事で書いてみます。

まとめ

それでは最後にまとめにして終わりたいと思います。

パデルの試合で相手がサーブの時に気にするポイント

  • 右利きが左利きか
  • 固定かチェンジか(意図してチェンジか)
  • 固定ペアはペアワークが上手な可能性が高い
  • 壁側ばかり狙ってくるか、センターも狙ってくるか
  • 意図してセンターを狙ってくる相手は戦略をしっかり持っている可能性がある

以上今回はこんな感じで終わりにしたいと思います!

それでは ちゃお!