【パデルショット】レボテラテラルの打ち方と注意点について解説【初級編】

ショット

どーも!Ashiyaです!今回は初級クラスで学習したレボテの横壁バージョンの「レボテラテラル」について解説していきます。レボテについて正確に学習できていないかたこちらの【パデルショット】レボテの打ち方【初級編】を先にチェックしてください。

この記事で分かること
  • レボテラテラルとは
  • レボテラテラルの必要性
  • レボテラテラルの打ち方
  • レボテラテラルに狙うコース
  • レボテラテラルの注意点

【パデルショット】レボテラテラルの打ち方と注意点について解説【初級編】

レボテラテラルとは

レボテラテラルとは画像のように相手が打ってきたボールが「横壁」にあたり、それを打ち返すショットのことです!

ラテラルとは横という意味があるので「横のレボテ」という感じになりますね。

レボテラテラルの必要性

相手がワイドを狙ってくることは多々あります。そしてそのボールがサイドガラスにに当たることは多々あります。ですのでレボテラテラルは守備力を上げるためにどうしても必要となります。

レボテラテラルの待ち方

レボテラテラルの打ち方のポイントを確認していきましょう。

入射角と反射角

壁を使うショットはすべてそうですが、ボールがどういう角度で壁にあたり、どういう角度で跳ね返ってくるか意識する必要があります。鋭角の角度で壁にあたった場合は鋭角に跳ね返り、浅く入った場合は浅く跳ね返ることは覚えておいてください。

横壁を3つに分ける

横壁にボールが当たるときは、横壁を下の画像のように3つに分けいつもA,B,Cどの壁に当たるのか考える必要があります。そしてそれぞれの壁でどのように返球できるか抑えておくことが大切です。

A:壁に当ててラテラルで返球する
B:ラテラルor壁に当たる前に返球する
C:壁に当たる前に返球するorドブレ(横壁と後ろ壁にあてて返球する方法)で返球する。

ラケットを引いてボールを待つ

入射角と反射角を理解して、A,B,Cも判断できるようになればあとは早めにラケットを引いてボールを待ちましょう。焦るとレボテ系のショットはまともにラケットに当たらなくなってしまうので落ち着いてボールを見て、スイングしましょう。

レボテラテラルで狙うコース

狙うべきコースは特にありません。しかし自陣のフォーメーションが崩れている場合はロブで時間を作るべきです。

また角度の無いラテラルの場合センターにオープンスペースが出来ている、もしくはペアがカバーに入り逆のサイドに好きが出来ていることを頭に入れて置く必要はあります。

上記のような理由から、自身が不利な状況であればロブやセンターがおすすめです。

レボテラテラルの注意点

レボテラテラルの注意点は以下のようなものがよくあります。

テイクバックが遅い

レボテ系のショットは多くの場合で壁に当たって跳ね返ってから時間がありません。またボールにスピンがかかっていると自分の予測どおりに跳ね返るかわかりません。できるだけ速くテイクバックして準備することで、ボールが跳ね返ってからはスイングするだけにしておきましょう。画像の段階でテイクバックできていないのは遅いです。

壁に突っ込む

壁に当たってからの軌道を推測できるようになることが大切ですが、それができるようになるまで練習する過程で壁に突っ込まないようにしましょう。軌道を推測する意味も含めて壁から少し離れてボールを待って打つようにしましょう。

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

  1. 初級−スキルアップ
  2. 初中級−スキルアップ
  3. 中級(※準備中)
  4. テニス経験者(※準備中)
  5. パデルのルール
  6. パデルギア

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。