パデルショット-チキータとは

ショット

チキータって何?卓球Youtuberがチキータあああ!

って叫んでるけどあれとは違うの?

こんにちは!Ahiyaです!

今回はこんな疑問にお答えしいこうと思います。

結論

チキータとは硬式テニスでいうドロップショットのことです。

ただしストロークでのドロップショットをチキータと呼びます。

ボレーでのドロップショットはデハーダという技名になりますので、混乱しないようにしましょう。

↓デハーダ↓

チキータの良い点

チキータは相手の足元にしっかり収めることができればとてもいいショットになります。

まずは単純に相手がミスしやすくなります。

打点が低くなることでボールがネットにかかりやすくなります。(打点)

ハードショットはアウトしやすくなります。(打点)

そのため打たれた方はある程度スピードを落としたショットを打つ必要があります。

 

しかし球速を落とした時、そのボールが浮いてしまうとチャンスボールになってしまいます。

そのため、ネットギリギリのショットを狙う必要があります。

これは簡単なことではありません。

コントロールを失敗してしまうとネットにかかりますし、ネットを恐れて高く打つとチャンスボールになってまう。

打たれた方は苦しい選択を余儀なくされてしまいます。

また中級・上級レベルになるとチキータを打ったと同時に前に詰めて、処理が甘くなった相手のチャンスボールを攻めるというスタイルも当たり前になってきますのでチキータの練習は勿論、チキータを上手く裁けるように練習しておく必要があります。

チキータの悪い点

その1:ネットすれすれを狙う必要がある

チキータの悪い点はリスクもそこそこ高いことです。

いくつかあるミスの中でも一番良くないのはネットです。

相手のチャンスボールになるミスショットであれば、場合によっては耐えしのぐことができます。

またアウトボールでも相手がウォッチせずにとってしまうことがあります。

そのため、ミスショットだとしても可能性はまだ残っています。

ただしネットは相手が何をするでもなくポイントをGETできてしまうので、ミスとしては一番良くないといえます。

このチキータというショットはネットすれすれを要求されるショットですから、ネットミスといつも隣合わせでありリスクも低くないことは忘れてはいけません。

その2:浮いてもダメ

ネットが一番ダメと言いましたが、ネットを恐れるあまり高いボールになってしまっても、それは相手のチャンスボールになってしまいます。

せめてネットより低い打点で相手に取らせなければチキータとして、いいショットとは言えないでしょう。

その3:カウンターをくらう

チキータを打って「ぼーっ」としていると相手のデハーダをお見舞いされることがあります。

パデルはコートが狭いといえ、ラケットも短いです。

そのため自分が後ろにいるときにネット前にボールを落とされると取れないこともあります。

チキータを打った後はデハーダを警戒しておきましょう。

ロブと上手く組み合わせよう

私はロブを主体にゲーム展開することが好きですが、ロブばかり打っていると相手はポジションを下げ、レボテのようにボールを落とすことなくバンデッハやビボラで対応されます。

こうなるとこちらとしては厳しい状況になってしまいます。

そこで相手の下がったポジションを見計らってチキータを打ちます。

相手もチキータを打たれることは厄介なので自然とポジションが前方になってきます。

そこでもう一度をロブを打つと効果的です。

逆にチキータばかりでも相手のポジションが上がってくるので、自分が打ちたいショットの揺動として上手くショットを組み合わせましょう!

試合中はそう簡単ではありませんが…笑

まとめ

チキータで相手のミスを誘おう
チキータで相手のポジションをコントロールしよう
ロブと上手く組み合わせよう
リスクがあることを理解してしっかり練習しよう

以上今回はこんな感じになります! ちゃお!