【パデルショット】チキータの打ち方と注意点について解説【初中級編】

ショット

どーも!Ashiyaです!今回はパデルショット「チキータ」をを紹介していきます。今回の内容はこちらの【パデルショット】ストロークの打ち方【初級編】を習得した方におすすめするショットですのでぜひチェックしてください!

この記事で分かること
  • チキータとは
  • チキータの必要性
  • チキータの打ち方
  • チキータで狙うコース
  • チキータの注意点
  • チキータを有効活用するために

【パデルショット】チキータの打ち方と注意点について解説【初中級編】

チキータとは

チキータとは後衛の選手が前衛選手の足元目掛けて打つショットのことです。

 

チキータの必要性

チキータは相手の足元にしっかり収めることができればとてもいいショットになります。なぜなら足元のボールというのは誰にとっても打ちにくいボールになり、単純に相手がミスしやすくなるからです。

また強いボールを打つこともできません。強いボールを打ってもアウトかネットすることになってしまいます。ですので相手は攻められないようにコントロールショットを求められます。

さらにコントロールショットはちょっとしたミスショットでボール浮いてしまうとチャンスボールになってしまいます。下記で画像と共に確認していきましょう!

低い打点

打点が低くなることでボールがネットにかかりやすくなります。(打点)

強いボールが打てない

低い打点からのハードショットはアウトしやすくなります。(打点)

そのため打たれた相手はある程度スピードを落としたコントロールショットを打つ必要があります。

浮いたボール

球速を落とした時、そのボールが浮いてしまうとチャンスボールになってしまいます。

このようにチキータにはたくさんのいいことがあるため、自分たちが有利に試合を進めようと思うと必須のスキルになります。

チキータの打ち方

チキータはストロークやレボテ、リターンの状況で打つことが多いです。大体の要領は同じですが最初はストロークでのチキータが簡単かもしれません。しかし慣れるとレボテのほうが簡単という方もでてくると思います。

テイクバック

パデルの多くのショットはコンパクトにテイクバックをしますが、チキータは足元を狙う分よりコンパクトなテイクバックで大丈夫です。

スイング

スイングは「打つ」や「ラケットを振る」というイメージではなくボールを相手の足元に「送る」「運ぶ」というイメージで打つことをおすすめしています。前者のイメージではどうしてもボールが強くなりがちで足元に沈むいいチキータが打てません。

スピン

スピンについてはスライスかトップスピンかというお話になると思います。昔は私もスライスで打つことが多かったですが現在は圧倒的にトップスピンで打っていますし、おすすめしています。

パデルラケットは引っかかりがあまりないのでトップスピンは練習していないと難しく感じる人が多く、どうしてもスライスに頼りがちです。どちらも一長一短あるのですが、相手の足元に沈めるという第一目的を達成するためには「落ちる」スピンをかけたトップスピンがいいと思います。

またトップスピンであれば低い打点からでも相手の足元に落ちるショットが打てるようになります。

チキータで狙うコース

続いてチキータで狙うコースについて確認していきましょう。基本的にはストレート、センター、クロスの3箇所になると思いますが、基本的に「相手の足元」をしっかり意識しましょう。ボールが浮いてボレーされてもダメですし、相手のポジションが後ろのときに手前に落としすぎて、1バウンドしてからでも余裕があるくらいでは効果がありません。相手が「1バウンドで返す?それともダイレクト?あ、どうしよう」と思わせるくらいのボールが打てれば100点満点です。

続いてそれぞれのコースの特徴について確認しましょう。

クロス

相手がスペースを空けやすく一般的に一番打ちやすいコースだと思われます。ボールが抜けたあともフェンスにぶつかるの簡単に返球することはできません。まずはクロスにしっかり打てるように練習していけると良いと思います。

センター

トップスピンが使える方はセンターもおすすめです。相手のペア同士に「どっちが取るのか?」と迷いを生じさせることが出来ますし、二人がボールを取りに来た場合はセンターに二人のポジションがよっているのでオープンコートが多く次の展開が有利です。

また一度クロスにチキータを見せておくとクロスへの警戒心が強くなりセンターへの意識が薄くなっています。速く足元に沈むボールが打てると不意をつくことができます。

ストレート

ストレートはとても難しいのでおすすめしません。サイドアウトになることも多いですし、スペースが狭く後ろに抜けることもあまりありません。

しかし難しいショットというのは裏を返すと相手の警戒が薄くなり逆にチャンスになる可能性もあるコースと言えます(ここには飛んでこないだろう。という心理の逆をつく)。ですのでストレートに打てるようにしておくと不意をつくことができるかもしれません。また戦術としては必ず広がるので、練習する余裕がある方は習得しておきましょう。

チキータの注意点

続いてチキータの注意点について確認していきましょう!

ネットすれすれを狙う必要がある

チキータの悪い点はリスクがそこそこ高いことです。いくつかあるミスの中でも一番良くないのはネットです。なぜなら相手のチャンスボールになるミスショットであれば、場合によっては耐えしのぐことができます。またアウトボールでも相手がウォッチせずにとってしまうことがあります。

そのためミスショットだとしても可能性はまだ残っています。ただしネットは相手が何をするでもなくポイントをGETできてしまうので、ミスとしては一番良くないといえます。

このチキータというショットはネットすれすれを要求されるショットですから、ネットミスといつも隣合わせでありリスクも低くないことは忘れてはいけません。

浮いてもダメ

ネットが一番ダメと言いましたが、ネットを恐れるあまり高いボールになってしまっても、それはそれで相手のチャンスボールになってしまいます。

せめてネットより低い打点で相手に取らせなければチキータとして、いいショットとは言えないでしょう。

カウンターをくらう

チキータを打って「ぼーっ」としていると相手のデハーダ(ボレーでのドロップショット)をお見舞いされることがあります。

パデルはコートは狭いといえ、ラケットも短いです。そのため自分が後ろにいるときにネット前にボールを落とされると届かないこともよくあります。チキータを打った後はデハーダを警戒しておきましょう。

チキータを有効活用するために

私はロブを主体にゲーム展開することが好きですが、ロブばかり打っていると相手はポジションを下げ、レボテのようにボールを落とすことなくバンデッハやビボラで対応されます。

これでは厳しい状況になってしまいます。そこで相手の下がったポジションを見計らってチキータを打ちます。相手もチキータを打たれることは厄介なので自然とポジションが前方になってきます。

そこでもう一度をロブを打つと効果的です。逆にチキータばかりでも相手のポジションが上がってくるので、自分が打ちたいショットの揺動として上手くショットを組み合わせましょう!

試合中はそう簡単ではありませんが…笑

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

  1. 初級−スキルアップ
  2. 初中級−スキルアップ
  3. 中級(※準備中)
  4. テニス経験者(※準備中)
  5. パデルのルール
  6. パデルギア

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。