パデルショット|ウィリーとは

ショット

パデルの試合で股抜きショットをよく見るけど、股抜きする必要あるの?カッコつけてるだけ?

こんにちは!Ashiyaです!

今回はこんな疑問にお答えしていきたいと思います!

ウィリーとは

ウィリーは股抜きショットのことです。

テニスなんかでもスーパーショットとしてYoutubeなどにあがっていますね!

パデルはラケットが短くテニスよりも操作性がいいため意外と簡単に「ウィリー」を打つことができます。

また壁から返ってくるという、その性質上ウィリーで返球した方が効率が良い時もあります。

ウィリーの必要性

先程ウィリーの方が効率が良いというお話をしましたが、実際はウィリーでなければ返せないという方が正しいかもしれません。

パデルは360度の方向からボールが跳ね返ってきます。

さらに上級者になるとスピンをかけてボールを打ってきます。

さらにさらには上記の画像のようにドブレ(壁に2回あたる)になるパターンもよくあります。

そうなると鍛錬された選手でもボールの行き先を予測することが難しく、気づいた時にはボールが丁度股の下にある、なんてこともあります。

この時、体を反転させている猶予はありませんので、そのまま股の下から返した方がいいシチュエーションもあります。

実は簡単?

ウィリーというショット、テニスではスーパーショットとして取り上げられることが多々ありますが、パデルはさほど難しいショットではありません。

ではテニスと何が違うのか1つ1つ確認してみましょう。

その1:ラケットの長さ

さきほども簡単に述べましたが、ラケットの長さが短いためウィリーを簡単にしています。

ウィリーを打つにはラケットを股下でスイングする必要があります。

なぜならウィリーを打つとき、打点が自分より「後ろ」である必要があるからです。

↓ウィリーが打てない打点↓

↓ウィリーが打てる打点↓

テニスではラケットが長い分、股下を抜けてスイングすることが難しいです。

卓球のラケットで想像してもらえば、何の恐れも股下のスイングができますよね。

パデルもテニスラケットより短い分、股下のスイングがしやすくなっているため、ウィリーもしやすいということですね!

その2:ボールの進む方向

テニスはウィリーをするとき大体はロブで頭上を抜かれたときです。

そのためボールの進行方向に向かって走り、ボールを追い越してから打つ必要があります。

これがとても難しいです。

しかしパデルはボールの方から向かって来てくれるので、待っていればボールから自分の股下を抜けていってくれます。

その3:ボールの力の進む方向

パデル経験者であれば分かると思いますが、レボテは力を使わなくても速いボールが返ります。

なぜならボール自身が相手コートに返ろうとしているからです。(先程の画像参照)

ですので、その背中を押してあげるだけでボールは簡単に返ります。

ウィリーのときも同様、ラケットがボールに当たるだけで返るので簡単です。

一方テニスはボールが相手コートから離れていこうとしていますし、コートも広いので速いスイングで振り切る必要があります。

注意点

その1:怪我

さんざん簡単と述べてきましたが、テニスよりは簡単というだけで、初心者でもすぐにできるということではありません。

少なからず練習は必要です。

そして練習のときに注意していただきたいのが怪我です。

股下にラケットを振るので体にラケットが当たることがあります。

私も足首にラケットが直撃して泣きました。

パデルのラケットは体に当たるととても痛いので注意してください。

まずは素振りから始めましょう。

次に自分で壁にボールを出して返ってきたボールをスムーズにウィリーできるようにしましょう。

それから対人練習を行ってみてください。

↓こちらは私の自主練です↓

この投稿をInstagramで見る

・ 今日のソロ練はウィリーでペール缶チャレンジやってみた🙌 試合中そんな使わんけど、やむを得ない時もあるしな!笑 ラケット短いしボールが向かってきてくれる分テニスよりは簡単ですかな! チンゴットってどうなったんやろ…気になるなぁ…誰かご存知?🤔 monoeyesの新曲最高✨ #ソラナ#パデル#ソラナパデル#パデル鈴鹿#パデルコーチ#スペイン人オーナー#パデルコート経営#日本パデル#鈴鹿#三重#テニス#マイナースポーツ#スカッシュ#ベンチャースポーツ#スペイン#solana#padel#solanapadel#padelsuzuka#tennis#suzuka#BullPadel#DROPSHOT#nipponpadel#nipponpadel.com#japan#japanpadel#padelcoach#hack

K.Ashiya(@ashiya_solana_padel)がシェアした投稿 –

その2:多用しない

ウィリーはコントロールが難しいです。

コントラパレッド同様に、相手のチャンスボールになることが多いですので基本はレボテで返球し、やむを得ないときに使用する程度にしましょう。

その3:壁に当たってから

テニス同様、壁に当たる前にウィリーをしようとすると難しいです。

そういう場面には中々でくわしませんが、ボールを追い越して打つのはパデルでも簡単ではありません。

できれば壁に当たって返って来たボールをウィリーしてみましょう!

まとめ

・ウィリーで歓声を得よう!
・テニスより簡単なので練習してみよう!
・打点は自分より相手コート側!
・怪我に注意しよう!
・いざというときに使用しよう!

それでは今回はこのへんで! ちゃお!