パデルのショット|壁とスピンの関係について

ショット

パデルってスライスショットばかり使っているけれど、トップスピンは打たないの?

こんにちは!Ashiyaです!

今回はこんな疑問にお答えしていきたいと思います。

パデルの壁とボールのスピン

パデルは壁を使ったスポーツです。

自分のコートの壁も相手のコートの壁も仲間です。

そして、この「壁」と友達になることがとても大切で

壁の使い方を制する者が勝負を制すると言っても過言ではありません。

さらに加えて、この壁を上手に利用する為に必要なのがスピンです。

この壁とスピンは常にセットで考える必要があります。

ボールが壁にぶつかる限りスピンを無視することはできません。

それでは今回はトップスピンとスライスについて解説していきます。

トップスピン

トップスピンとはボールに対してラケットを擦り上げるように振り切って

かけるスピン(体育の授業の前回りと同じ回転)のことです。

図で簡単に解説すると下のような感じです。

 

しかし、せっかく解説したにも関わらずこのトップスピン…あまり出番がありません!泣
(場面によっては重要!)

ただしトップスピンを使用してはいけない理由をしっかりと理解しておくことはパデルにおいてとても重要なことです。

では、どうして出番が少ないか図解していきましょう。

上記で説明したトップスピンをかけたボールが壁に当たった時のことを考えてみます。

壁に当たる前にボールは下のような回転をしています。

では問題です。

このボールは壁に当たったあと、上に向かって跳ねるでしょうか?

下に向かって跳ねるでしょうか?

…正解を図でみてみましょう。

 

 

このようにボールと壁がぶつかる点をみてみると矢印のほうに力が働きます。

これはボールにかかっているトップスピンによって、壁が下に行こうとする力が働き

ボール自身は上に跳ねようとする図になります。

つまり、さっきの問題ではボールは上に向かって跳ねるが正解です。

ではボールが上に跳ねた後のことを考えてみましょう。

 

緑が壁に当たる前、赤が壁に当たった後のボールの動きです。

 

一目瞭然、相手のチャンスボールになってしまいます

さらにパデルのルールは壁に当たった後にコートへボールが落ちればこちらのポイントですから、上に向かって跳ねるスピンボールを打つことに利点はありません。

スライス

スライスとはボールに対してラケットを振り下ろすようにかけるスピンのことです。

図で簡単に解説すると下のような感じです。

このスライスはパデルの多くのショットでかけるスピンになります。

基本的に打つ球は90%スライスといっても過言ではないと思います。

では何故それほど多様されるのかトップスピンの時と同様にスライスをかけたボールが壁に当たった時のことを考えてみます。

壁に当たる前にボールは下のような回転をしています。

では問題です。

このボールは壁に当たったあと、上に向かって跳ねるでしょうか?

下に向かって跳ねるでしょうか?

正解を図でみてみましょう。

このようにボールと壁がぶつかる点をみてみると矢印のほうに力が働きます。

これはボールにかかっているスライスによって、壁が上に行こうとする力が働き

ボール自身は下に跳ねようとする図になります。

つまり、問題ではボールは下に向かって跳ねるが正解です。

ではボールが下に跳ねた後のことを考えてみましょう。

緑が壁に当たる前、赤が壁に当たった後のボールの動きです。

トップスピンとは異なり地面に向かって跳ねるため、コートで2バウンドしてこちらの点になりやすく

さらに低いボールは相手にとって取りにくい球となります。

このようにスライスは利点の多いショットになっているのです。

動画をみてみよう

実際にスペインで行われた試合を見てみましょう。

ほとんどのボースがスライスでうたれていることが分かると思います。
(ラケットを上から下にスイングしている)

まとめ

・パデルでトップスピンは基本的にNG
➡︎トップスピンは壁に当たって上に跳ねる
➡︎相手のチャンスボールになりやすい
➡︎相手に2バウンドする前に取られやすい

・パデルではスライスを多用する。
➡︎スライスは壁に当たって下に跳ねる
➡︎相手のコートで2バウンドしやすい
➡︎2バウンドしなくても相手は取りにくい

今回はこんな感じになります! ちゃお!