【パデルショット】レボテの打ち方と注意点について解説【初級編】

ショット

どーも!Ashiyaです!今回はパデルの基礎にして最重要と言っても過言では「レボテ」について解説していきます。

この記事で分かること
  • レボテとは
  • レボテの良い所
  • レボテの待ち方
  • レボテの打ち方
  • レボテの狙うコース
  • レボテの注意点

【パデルショット】レボテの打ち方と注意点について解説【初級編】

レボテとは

テニス経験者でも聞き慣れないレボテについて早速画像を見て確認していきましょう。

画像のように相手が打ってきたボールが地面で1バウンドし自陣の壁に当たった後、再度地面でバウンドする前にボール打つショットを「レボテ」と言います。

このショットは基本中の基本ですが、レボテができるようになると初心者でもテニス経験者でも世界が変わり、一挙にパデルの奥深さと面白さの沼にハマることになります。

またレボテができるようになると、そこから派生させたショットがたくさん打てるようになり、戦術の幅も大きく広がっていきますのでレボテの基礎からしっかり固めてください。

画像のように壁に当たった後、再度地面に当たると地面で合計2バウンドしたことになるので失点となります。

レボテの良い所

レボテの良いところはたくさんありますが、ここでは代表的なものを上げていきます。

足元のボールを回避できる

足元に飛んできたボールは上級者でもコントロールすることは難しいです。しかし足元に飛んできたボールをスルーしてレボテにすることで、打点が高くなり逆にチャンスボールにすることもできます。

球速が落ちる

ボールはぶつかるたびに勢いが落ちます。特に壁にあたったときは反対に跳ね返るため急速がグッと落ちます。そのため慣れればダイレクトで返球するよりもコントロールが簡単になります。

少しの力で強いボールが打てる

ダイレクトだとこちらに向かって飛んでくるボールを打ち返すことになるので大きな力(腕力、リストもろもろ)が必要になります。

しかしレボテはもともとボールが相手コートに向かって飛んでいっているのでボールの背中を軽く押すだけで力強いボールが飛んでいきます。

レボテの打ち方

それではレボテの打ち方について確認していきましょう。

待ち方

こちらはストロークと同じになりますので、既に知っている方は読み飛ばしてください。(ストローク編をお読みでない方はこちらを先にチェックすることをおすすめします。一応ここでも説明しておきます。)

まずは構えのポイントとしてホームポジションとレディポジションを理解しましょう。(下の画像を確認しながらチェックしてみてください)

  1. ホームポジションは基本的な立ち位置です。
  2. ホームポジションはガラスと白線の間(私の場合は少しガラス寄り)そして横のガラスから1.5mあたりです。
  3. レディポジションは「構え」のことです。
  4. 足を肩幅より少し広めに開きます。
  5. 膝を少し曲げて前傾姿勢になります。
  6. ラケットは自分の前(センター)にセットして右に来ても左に来てもすぐに打ち返せるようにします。

打ち方

レボテの多くはボールが上から下に落ちてくるところで打つことになります。

ですのでラケットはストロークより下にテイクバックをして下から上に打つようにしましょう。

理想の打点は左側の内ももの直線上で「ストロークと同じ」としています。

多くの方が慌てて後ろの打点で打ちがちなのでしっかり自分の目の前をボールが通り過ぎていくのを見てください。できればボールの滞空時間を感じてみてください。

狙うコース

まずはロブから練習しましょう。理由は先程あげたようにラケットを下から上に動かす動作が一番ラケットに当たりやすいからです。男性は特に強いボールを打ちたくなりますが、その気持ちは抑えた方がパデルは多くのショットで上手になりやすいです。

ロブが安定して打てるようになったら徐々にネットの高さまで下げていきましょう。

注意点

ここからはレボテを打つ時の注意点を見ていきましょう。

テイクバックが大きい

テイクバックが大き過ぎるせいで打点までの距離が長く無駄が多いです。またテイクバックを大きくして強い球をうってもすぐにアウトになるのでおすすめしません。

体感としてボールは壁に当たってからすぐに地面に向かって落ちていきますのでテイクバックはコンパクトにして即座に対応できるようにしておきましょう。

壁側を向きすぎ

ボールの行方を一生懸命おいかけるあまり、体が壁を向いてしまっているパターンです。これでは反転するのが大変ですし、ボールのコントロールが難しいです。

1つ前のテイクバックが大きいでも分かるように足の方向は横向き程度にしておきましょう。

打点が後ろ

画像のように打点が悪いとボールに力が上手く伝わらずボールコントロールが出来ません。また無理して打ち続けるうちに肘を痛める原因になりますので注意してください。

ここでのポイントはポジションが前すぎることと、打ち急いで打点までボールが待てていないことがよくあるパターンです。正規のポジションを守りボールが自分の前を通り過ぎるまで待ちましょう。

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

初級−スキルアップ
パデル経験やテニス経験がまったく無い方でも少しずつレベルアップしていけるようにロードマップを作成しました。パデルに関して何かヒントを求めている初心者に届くといいなと思っています。
初中級−スキルアップ
パデルの魅力にハマり始め更なるレベルアップを目指したい初中級向けにレベルアップできるロードマップを作成しました。パデルショットや戦術についてまとめていますのでぜひチェックしてみてください。
中級−スキルアップ
おおよそのパデルショットを覚えたものの決定打がない!または戦術の幅を広げるショットや知識を身に着けたい方向けの中級クラスのロードマップを作成中です。
テニス経験者−スキルアップ
①パデル戦術 テニスだったらこんな相手に負けないのに!と思うことも多々あるかと思います。そんなフラストレーションを解消するために「即席レベルアップ術」をまとめたのでチェックしてみて下...Read More
パデルのルール
テニスを知らない方、テニスのルールは知っていてもパデルのルールはよく分からないという方でも分かるように基礎的なところからパデルルールをまとめていきます。

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。