パデルショット|リフタード

ショット

プロの試合を見ているとバックハンドの人がガンチョでもバンデッハでもレマテでもないショットを打っているのは何というショット?

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

これはおそらくリフタードというショットになります。

スペイン語でリフタードというのはトップスピンのことです。

上系ショットの1つ

パデルはテニスに比べて上系のショットが多いです。

上系とはボレーより高いショットのことを私が勝手にこのように呼んでいます。

テニスではハイボレーとスマッシュくらいにしか分類しないのではないでしょうか?

一方パデルではハイボレー、レマテ、バンデッハ、ルーロ、ガンチョ、フィンタ、そしてリフタードなどたくさんの上系ショットがあります。

では実際にどんなショットなのか私が練習している動画があるので見てみてください。

この投稿をInstagramで見る

・ 夕方の練習は中学の部活を思い出すな!・ ・ リフタードむず過ぎやしませんか?😨 ・ パデルはショット数が豊富なのも魅力かと!👐 ・ 幼馴染から場外に出たボール相手のネットにかけてもいいの?って聞かれて、いいよ。って言ったら頭おかしいみたいな顔してました。 ・ いつか試合中にしてみたいもんだい💪😭 ・ ・ #ソラナ#パデル#ソラナパデル#パデル鈴鹿#パデルコーチ#スペイン人オーナー#パデルコート経営#日本パデル#鈴鹿#三重#テニス#マイナースポーツ#スカッシュ#ベンチャースポーツ#パデルHACK兄弟#solana#padel#solanapadel#padelsuzuka#tennis#suzuka#BullPadel#DROPSHOT#nipponpadel#nipponpadel.com#japan#japanpadel#padelcoach#hack

K.Ashiya(@ashiya_solana_padel)がシェアした投稿 –

*後半は違う練習になってます。

Good Point

このショットはサイドの壁を狙って打つショットになります。

オフェンスというよりは、どちらかというとディフェンシンブなショットになります。

上を抜かれないようにしつつ、相手に前を取らせないショットです。

トップスピンがかかっているのでボールは地面に沈みがちでサイドアウトが少なくなります。

また相手の足元にも沈みやすく、ボレーでの返球も難しくなります。

フェンスに当てれば、予測しづらい跳ね方をします。ただし跳ね上がる傾向が多いように感じます。

またサイドガラスにあたった後、バックガラスにあたった場合、ガラスからの跳ね返りが少なくなる特徴があるので相手は返球しづらく、ショットを打ったあと前に来ること難しくなります。

打った方から順に4つ目の星がよりガラスに近い位置に落下します。

ちなみに

トップスピンをリフタードといいましたが、スライスのことはコルタードといいます。

余談でした。

ということで今回はこんな感じになります。

まだ追記したいことがありますので時間ができれば書き足していきます!

それではちゃお!