【パデルショット】コントラパレッドの打ち方と注意点【初中級編】

ショット

どーも!Ashiyaです!コントラパレットというパデルらしいショットを解説していきますので楽しんで読んでいただければ幸いです!

この記事で分かること
  • コントラパレッドとは
  • コントラパレッドの必要性
  • コントラパレッドの打ち方
  • コントラパレッドで狙うコース
  • コントラパレッドの注意点

【パデルショット】コントラパレッドの打ち方と注意点【初中級編】

コントラパレッドとは

コントラパレッドとは図を見て分かるように自陣の後ろ壁を使用して相手コートに返球するショットのことです。テニスをやっている人からしたら考えられないショットですよね!笑

コントラパレッドの必要性

コントラパレッドは上手くコントロールすることが出来なければ相手のチャンスボールになってしまうことが多いです。そのためできる限り使用しないほうがいいです。

しかしコントラパレッドでしか返球できないシーンというのがあります。それがセンターやストレートを抜かれた時、相手のロブが絶妙にレボテで返せない時などです。

このときはどうしてもコントラパレッドで返球することになりますから、ディフェンス力を上げるためには必須のスキルになります。

コントラパレッドの打ち方

テイクバック

テイクバックは体の下の方にしましょう。ガラスの上部を狙うのでラケットは下にセットしておくほうが理にかなっています。

スイング

スイングはスピードが大事になります。ただしスイングスピードではくヘッドスピードが大切です。

スイングスピードとヘッドスピードの説明は文章で解説しようと思うと難しく時間がかかるので割愛しますが、コントラパレッドで大事になってくるのはヘッドスピードです。

このヘッドスピードを上げるために手首のスナップを活用しましょう。スナップを効かせることでラケット面が上に向きやすく、またヘッドスピードも上がりボールが相手コート深くまで飛んでいきます。

初中級レベルの人が打つべきコントラパレッドは自陣ガラスの上部を狙うコントラパレッドをおすすめします。なぜなら自分の安全を確保しつつ、相手のチャンスボールになりにくいからです。

コントラパレッドで狙うコース

ガラスの高い所

自打球を回避するために基本的に壁の高い所を狙いましょう。目安としては自分の頭より高い所を意識すると良いと思います。施設によって高さの制限がありますので調整は必要です。

軌道の高いボール

コントラパレッドが発生するシーンは基本的に陣形が崩れていることが多いので態勢を立て直し時間稼ぐという観点から高いボールをおすすめします。

深いボール

コントラパレッドが発生するシーンでは相手がチャンスだと思いネット前までつめていることがあります。中途半端の高さのボールを打つとスマッシュで場外に出されてしまいます。またこちらの様子伺いながら前に詰め切らない相手でも高く深いボールであれば強力なショットを打つことは難しいです。

上の写真のように白線を超える程度で打てると良いでしょう。

左右について

コントラパレッドで左右を狙うこともあります。しかし練習で感覚を掴んで置かないと少し横に打ったつもりが予想以上にサイドに飛んでいきアウトします。何度か打って感覚を掴んでおきましょう。

コントラパレッドの注意点

自打球

一番注意しなければならないのが打球です。相手にいくらチャンスボールを献上してしまっても構いませんが、自打球で試合が継続できないような怪我をしてしまっては元も子もありません。そこで注意していただきたい点を以下に記しておきます。

  1. 慣れるまで低めは狙わず高めを狙う
  2. 無理な状況では打たないこともあきらめることも選択
  3. 何度も練習して自信を持って打てるようになってから試合で使う
  4. 頭を下に向けて潜り込むように打つ方法もある

実際にコントラパレッドのボールが自分に跳ね返り目にあたり負傷した人もいます。私もパデルコーチという体を資本にした仕事をしているので危険な低めのコントラパレッドは打ちません。私を試合する方は覚えておくといいかもしれません。笑

ラケットの構えが高い

ラケットの構えが高いと壁の高い位置を狙って打つことが難しくなります。それもで無理して打つとガラスの低い位置にボールが飛んでいき自打球に繋がり非常に危険です。肩までラケットを上げている人はフォームを見直すことをおすすめします。

ラケットの振り抜き

ラケットを縦に振り抜く人とクロスに振り抜く人がいると思います。できるだけクロスに振り抜くようにしましょう。縦に振り抜くとラケットが顔面に当たることがあります。また縦に振り抜く人は体が上に開いて跳ね返ったボールが直撃しやすいフォームになりがちです。安全性を考えてクロスに振り抜くことを覚えておいてください。

チャンスボールになりやすい

コントラパレッドは以下の点からチャンスボールになりやすいです。

  1. コントラパレッドは壁を使って返球するショットなのでコントロールが難しいです。
  2. 自陣の壁に当てて返球するので球速が遅くります。
  3. ボールの軌道は緩やかな山なりなることが多い

以上のことよりコントラパレッドを使う時は最終手段だと思って使うことをおすすめします。基本的にはレボテで返球するようにしましょう。

フェンスはアウト

自陣のガラスの上にあるフェンスにあたった場合はアウトになるので注意しましょう。

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

  1. 初級−スキルアップ
  2. 初中級−スキルアップ
  3. 中級(※準備中)
  4. テニス経験者(※準備中)
  5. パデルのルール
  6. パデルギア

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。