【パデルショット】ロブの打ち方や注意点について解説【初級編】

ショット

どーも!Ashiyaです!今回は派手ではないものの最重要ショットと言っても過言ではないロブについて解説していきます。

この記事で分かること
  • ロブとは
  • ロブの打ち方
  • ロブの狙うコース
  • ロブの良い所
  • ロブの注意点

【パデルショット】ロブの打ち方や注意点について解説【初級編】

ロブとは

ロブとは前にいる相手選手の頭上を超えるような高いボールを打つショットのことです。スペイン語ではグロボと言います。

ロブは最重要ショット

パデルには数多くのショットがありますが、その中でもロブは最重要ショットのうちの1つと言われています。それを物語るのがワールドパデルツアー(世界大会)です。世界大会でも後衛のショットの半数はロブではないかと思われるくらい多用されています。

ロブの打ち方

ロブの打ち方はストロークの応用です。下記画像を見ながら確認していきましょう。

構え

構えに関してはストロークと同じですので(ポジションや立ち位置に関してはこちらの記事でチェックしてください)

テイクバック

テイクバックは相手にロブだとばれないようにストロークと同じ程度で良いと思います。ただ私の場合スイング移行する時にガッツリと下にセットします。

打点

打点の上下に関してはできれば膝より上でボールを打てるようにしましょう。なぜならパデルのロブの特徴としてラケットをボールの真下に入れるからです。

スイング+フォロースルー

スイングに関しては下から真上に体で打ち上げるようにスイングします。天井やネットがあるコートが多いと思いますが、最初は天井に当たってもいいという気持ちで打ってください。空までボールを持ち上げるようなイメージでフォロースルーしましょう。

ロブには高さが必要ですが、推進力に関しては少ないほうが有効的です。なぜなら相手のガラスに当たってから跳ね返りが少ないほうが攻めづらく、打ちづらいからです。

ロブは高く推進力がないほうが相手のチャンスボールになりづらいです。みなさんも以下のような経験がありませんか?

ロブを狙うコース

ロブで狙うコースは以下の3コースになります。(上級者になるとフォアのバック側に近いセンターなど精密さを要求されることがあります)

センター

初心者の場合ロブを狙うコースは圧倒的にセンターがおすすめです。センターは二人の選手の頭上を通さなくてもいいのでリスクが回避できます。

クロス

クロスは単純に距離が長いのでアウトする可能性がグッと下がります。打った感覚がアウトだったのにクロスだったから入った自分もびっくりした。という経験が私にもたくさんあります。ただし相手の頭上を通るのでミスショットをした場合、相手のチャンスボールになるので注意してください。

ストレート

ストレートは距離も短く、相手の頭上も通さないと行けないのでリスクが多くおすすめできません。

ロブの良い所

ロブというのはストロークやチキータ(相手前衛の足元に落とすショット)に比べて簡単なショットだと言えます。何故ならミスショットにならない許容範囲が他のショットに比べて広いからです。

例えばチキータを考えてみましょう。チキータは必ずといっていいほどネットすれすれでなければ、相手のチャンスボールになってしまいます。またストロークのハードショットも力を込めて打つ分、ネットやアウトといったリスクが多く潜んでいます。

一方でロブというのは、相手がジャンプして手を伸ばしたラケットの先ギリギリの高さを狙わなければならない!といった正確性は必要ではありません。

相手の頭上さえ超えてしまえば、どんなに高いボールを上げても大丈夫です。

チキータが「ネットからの距離0〜10cm」でいけないのに対して、ロブは「相手の頭上〜無限cm」といった見積もりができます。

こう考えればロブの方がリスクの少ない安全なショットだと言えるでしょう。初級クラスの人たちであればロブが抜けてしまえば、レボテで返球することも難しいので、チャンスボールが返ってくる可能性も高いです。

打ち方の注意点

ロブの打ち方の注意点としてはスイング軌道です。すごく多いのが画像のように斜め上にラケットを振り抜くことです。一度上述した「打点」の画像でラケットの角度を見比べてみてください。この打ち方には以下のような弱点があります。

  1. ロブが高くならず相手に取られやすい
  2. 壁に当たったあと跳ね返りがでかい
  3. 自分が前に詰める時間があまり稼げない
  4. 何よりアウトの確率がグッと上がる

良い点としては滞空時間が短いので抜ければ相手が追いかける時間があまりないといったところです。ですが私としては推進力のない高いロブをおすすめします。

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

  1. 初級−スキルアップ
  2. 初中級−スキルアップ
  3. 中級(※準備中)
  4. テニス経験者(※準備中)
  5. パデルのルール
  6. パデルギア

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。