パデルショット|ロブについて解説

ショット

世界大会を見ているとパデルってやたらとロブを使用しない?

もっと攻撃的なパデルをしていった方が良いんじゃないの?

こんにちは!Ashiyaです!

今回はこんな疑問にお答えしていきたいと思います!

ロブとは

ロブとは後ろにいる選手が前にいる相手選手の頭上を超えるような高いボールを打つショットのことです。

スペイン語ではグロボと言います。

ロブは最重要ショット

パデルには数多くのショットがありますが、その中でもロブは最重要ショットのうちの1つと言われています。

それを物語るのがワールドパデルツアー(世界大会)ですね!

わかりやすいように前にいるペアを前衛ペア、後ろにいるペアを後衛ペアと表現しましょう。

後衛ペアのショットの半分はロブと言っても過言ではないと思います。

それほどまでにディフェンスサイドである後衛ペアにとってロブは重要だということです。

パデルの必勝法

パデルの試合を有利に進める方法として、必ずネットをとらなければなりません。

試合を通してネットの維持率が高いペアが勝利を掴むといっても過言では無いでしょう。

なぜならネットプレーは単純にネットより高い位置でボールを打ち下ろす機会が多く、威力が強く、スピンも多く、角度もつけやすといった、ポイントが取りやすい条件が揃っているからです。

一方で後衛に追いやられると、ネットまでの距離があるため、強打すればネットやアウトの確率は高くなり、チキータも浮いてしまえばチャンスボール、ロブも甘く入ればチャンスボールと非常に厳しい状況下に置かれてしまっているのです。

では相手が前にいる状態で、どうやって相手を後ろに追いやり自分たちが前を取れば良いのでしょうか?

答えは簡単ロブを打つことです。

ロブは他のショットと比べて滞空時間が長く、自分たちがネットに詰める時間も稼げる上に、相手も後ろに追いやることができるので形勢逆転にもってこいのショットです。

どんどんロブを打って、どんどんネットを自分達のものにしてしまいましょう!

初級クラスの方はロブから

実はロブというのは他のショットに比べて簡単なショットだと言えます。

何故ならミスショットにならない許容範囲が他のショットに比べて広いからです。

どういうこと?

例えばチキータを考えてみましょう。

チキータは必ずといっていいほどネットすれすれでなければ、相手のチャンスボールになってしまいます。

またストロークのハードショットも力を込めて打つ分、ネットやアウトといったリスクが多く潜んでいます。

一方でロブというのは、相手がジャンプして手を伸ばしたラケットの先ギリギリの高さを狙わなければならない!

といった正確性は必要ではありません。

相手の頭上さえ超えてしまえば、どんなに高いボールを上げても大丈夫です。

チキータが「ネットからの距離0〜10cm」でいけないのに対して、

ロブは「相手の頭上〜無限cm」といった見積もりができます。

こう考えればロブの方がリスクの少ない安全なショットだと言えるでしょう。

さらには滞空時間も稼げて自分たちはネットに詰めることができる。

初級クラスの人たちであればロブが抜けてしまえば、レボテで返球することも難しいので、チャンスボールが返ってくる可能性も高いです。

なんてハッピーなショットなのでしょうか!笑

*ただし、日本のコートーは天井やネットがあることが多いので、そこは注意が必要。

上級者はロブから駆け引き?

自称
上級者

パデルはロブが大事っていうけど、上級者同士の戦いになるとロブを打って前に詰めたところで、相手にもまたロブを打たれて、自分たちが下がって、またロブを打って…ロブ合戦になって面白くないんだけど…

はい、こんな意見もよくいただきます。

これは自称、上級者でまだまだ3流の方の意見だと言えます。

3流だと!?

それは言いすぎました。ごめんなさい。

ただまだまだパデルの面白さを知ることができる、伸び代があると考えることもできます。

どうゆうこと?

パデルというのはロブを多用する為、それに対応するショットも数多くうまれました。

テニスではスマッシュやハイボレーなど上系のショットは少ないですが、パデルはそうではありません。

パデルにはレマテ、バンデッハ、ビボラ、ルーロ、リフタード、ガンチョ、フィンタ、

また一度地面に落としてからでも

バッハーダ・デ・パレッドサリダ・デ・パレッドクチーヤ・デ・パレッド

といった数多くの選択肢があります。

その為、ロブを打った方も相手がどのショットを使って返球してくるのか分かりません。

ここで色々な駆け引きが生まれますから、パデルは一層深みを増し面白くなります。

ロブの美学〜lob of rainy〜

レッスンを行うコーチという立場からすると、ロブに特化した練習というのは相当やる気がある人でなければ面白くなく、レッスンの雰囲気がダレてしまうため、あまりやりたいと思いません。笑

大事なショットなのに派手さはないし、綺麗なロブが決まっても地味だからです。

しかしうまくなりたい人ほど地味な練習が必要になります。

ですので、ここでロブの美学を追求することをお勧めします。ポイントは以下の通り

ポイント1:天井ギリギリを狙う
ポイント2:無回転ボールになっているか
ポイント3:壁に当たってからの跳ね返りは、壁とサービスラインの半分より壁側か

これらを意識して練習できるとパデルらしい綺麗なロブが打てるようになりますし、練習にも身が入るのでお勧めです。

これはスペインで「雨のロブ」と称されるほどのものですから、是非テニスの王子様の大石秀一郎の「ムーンボレー」のように「レイニーロブ」を習得するつもりで頑張って見てください。笑

まとめ

・ロブは最重要かつリスクの少ないショット!
・ロブを打って前に詰めよう!
・上級者はロブから始まる駆け引きを楽しもう!
・レイニーロブを習得しよう

以上、今回はこんな感じになります! ちゃお!