【パデルショット】フィンタの打ち方と有効性について解説【中級編】

ショット

どーも!Ashiyaです!今回は「フィンタ」の打ち方について解説していきます。フィンタとは英語でいうところのフェイントとという意味だそうですね!どんなショットなのか見ていきましょう。

この記事で分かること
  • フィンタとは
  • フィンタの有効性
  • フィンタの打ち方
  • フィンタで狙うコース
  • フィンタの注意点

フィンタとは

早速フィンタについて解説していこうと思います。

フィンタとはスマッシュを打つ振りをして、相手を前におびき寄せて実際は2バウンド目が後ろ壁に当たるように緩いショットを打つフェイントショットのことです。

フィンタの有効性について

フィンタの有効な点はいくつかあります。

1つづつ確認していきましょう。

フェイントショットで1点とれる

フィンタを警戒しない選手や、相手がスマッシュの構えをしたら取り敢えず前にダッシュ!という考えの人にはわざわざ強力なスマッシュを打つまでももなく、構えだけで相手を前におびき寄せ、後ろに落とすだけで簡単に点が取れます。

力を使わず頭で取る1点です。

しかし私はフィンタは必ずしも1点を取るためのショットだとは思っていません。ですので他の有効性についても是非確認していってください。

相手に混乱を招く

私がフィンタを特に重要視するポイントは「相手に混乱を招く」というポイントです。

フィンタを一度見せておくと相手の頭の中に「この人はスマッシュを打つフリをしてフェイントショットを打ってくる可能性がある」という情報を刷り込ませることができます。

そうするとスマッシュの構えをしてもフェイントを見せる前までのように、ネットに飛び出す動きにキレがなくなります。

もしかした後ろに打ってくるかも知れないという考えを持った選手は中途半端なポジションを取らざるを得なくなってしまいます。

そこですかさずスマッシュを打ち込むと、相手は中途半端なポジションのため強力なカウンターを返す余裕がなくなっています。

相手選手後ろに固定する

フィンタは基本的に後ろ壁で2バウンドするように狙って打ちますので、スマッシュのように相手選手が前に来てカウンターを打つということはできません。

ですので相手選手を前にこさせるリスクを抑え、後ろにキープさせておくことができます。

バレバレのフィンタでは相手のチャンスボールになってしまい、攻め返されてしまう可能性はあります。そこは自身のスキルと相手との駆け引きが大切になってきます。

フィンタが最大効果を発揮するシーン

フィンタが最大効果を発揮するシーンは上述した内容3点が相まったときです。

相手を後ろに固定し、あわよくば一点をとり、相手の頭の中に「フィンタ」の文字を刷り込むことができれば一番高い効果を発揮できていると思います。

シチュエーションによって高い効果を発揮しますが、多様すべきショットでは無いので先の3点を抑えられそうな時に効果的に打つことをおすすめします。多くても試合中に2回くらいでいいと思います。

また最大効果と言いましたが、フィンタは1点取るためのショットと考えるよりも、スマッシュで2点とるためのショットと考えたほうがいいと思います。あわよくばフィンタでも1点とれて3点GETできれば尚よしです。

自身のレベルが上がり、対戦相手のレベルも高くなってくると試合中の「布石」が大事になってくることもあります。ぜひフィンタを足がかりに心理戦に挑んでみてください!

フィンタの打ち方について

構え

スマッシュに見せかけるため、スマッシュと同様のフォームを行う。

私の場合は以下のような感じです。

いかにも体に力を溜めてスマッシュを打つぞ!というオーラが出せるとGOODです。

打点×インパクト

打点もスマッシュ同様に高い打点をとります。

打点を低くすると打ちにくくなります。

インパクトは優しく置きにいくようなイメージです。

フォロースルー

置きに行くようなスイングになるのでフォロースルーも「短く丁寧に」というイメージ打つと良いと思います。

フィンタで狙うコース

つづいてフィンタで狙うコースについてチェックしていきましょう。

ペアワークが取れない相手

スマッシュに対するペアワークが取れない相手は両選手とも前に走ってくることがあります。

一度スマッシュを打って「この相手は二人とも前に走るペアだな」と分かればフィンタを有効的に使うチャンスがあります。

またそういう相手にはセンターを狙って打つことをおすすめします。

片方が全力疾走してくる相手

片方が後ろでもう片方が前という動きをしてくるペアに対してセンターにフィンタを打つとチャンスボールになってしまいます。

この時は全力で前に走ってくる選手の横にスッと抜けるボールを打つと案外決まることがあります。

特に画像のようなストレート展開の場合、相手選手はボールが自分に当たる危険を感じながら前に来ますから体を斜めにし、肩を入れた走り方(いつでも背中を向けられるように)や、打つ瞬間にジャンプするタイプの方がいます。

そういった場合は横にスッと打たれると反応できないときがあります。

フィンタの注意点

続いてフィンタを打つときの注意点を確認していきましょう。

強力なスマッシュを見せていない

1つ目は相手に強力なスマッシュを見せていない場合です。フィンタは強力なスマッシュありきのショットです。

まずは強力なスマッシュで数点獲得しましょう。そして相手に「こいつにスマッシュ打たせたらやばいぞ」と思わせてからが勝負です。

スマッシュを打ちもせずに初回からフィンタを打つことは、相手にチャンスボールを提供する結果になってしまう可能性があります。

多用しすぎてバレる

フィンタは相手の裏をかくショットなので決まると気持ちいいです。

しかし多用しすぎると相手も注視してくるので効果的ではなくなってきます。

「ここぞ!」という1本で使用するようにしましょう。

スマッシュの構えができていない

スマッシュのオーラを放つことができていない場合も相手にバレてしまいます。

こんなとき、だいたいの人が体に変な力が入っています。ガチガチに力が入ることで「ん?なんかおかしい」と相手に悟られてしまいます。

自分自身も騙すくらいの気持ちで自然にいつもどおりスマッシュの構えをしてください。

ロブが高い時

相手のロブが浅くても十分に高いと、ボールの滞空時間を利用して相手が良いポジションを取りやすくなります。

一方でこちらは待ち時間が長く、力がどんどん入っていくのでナチュラルな構えがしずらくなります。(イメージとしては大乱闘のスマッシュを溜めすぎた感じです。早くZキャンセルして!)

そこまで待ち時間があるならスマッシュかビボラでウィナーを狙うといいと思います。

なので相手のミスショットで中途半端な浮き球になり「ヤバッ!」と焦って前に出てきた時に後ろをつくのが効果的だと思います。

まとめ

今回は心理戦が楽しい「フィンタ」について解説していきました。

こういった技でやられると本当に性格悪いなぁと思ったりしますよね。(楽しい感じで)

ぜひ相手にそう思わせるくらいのフェイントショットを習得してみてください。

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

初級−スキルアップ
パデル経験やテニス経験がまったく無い方でも少しずつレベルアップしていけるようにロードマップを作成しました。パデルに関して何かヒントを求めている初心者に届くといいなと思っています。
初中級−スキルアップ
パデルの魅力にハマり始め更なるレベルアップを目指したい初中級向けにレベルアップできるロードマップを作成しました。パデルショットや戦術についてまとめていますのでぜひチェックしてみてください。
中級−スキルアップ
おおよそのパデルショットを覚えたものの決定打がない!または戦術の幅を広げるショットや知識を身に着けたい方向けの中級クラスのロードマップを作成中です。
テニス経験者−スキルアップ
①パデル戦術 テニスだったらこんな相手に負けないのに!と思うことも多々あるかと思います。そんなフラストレーションを解消するために「即席レベルアップ術」をまとめたのでチェックしてみて下...Read More
パデルのルール
テニスを知らない方、テニスのルールは知っていてもパデルのルールはよく分からないという方でも分かるように基礎的なところからパデルルールをまとめていきます。

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。