パデルのルールが5分で分かる

パデルルール

パデルのルールってどうなっているの?試合の動画を見ていてもルールが良くわからなくて楽しめません。

どーも!Ashiyaです!今回はこんなお悩みを解決していきたいと思います。

基本的なルールを分かりやすくまとめてみましたので基本から抑えたい方はぜひチェックしてみてください。

パデルのルールが5分で分かる

ここでは以下の内容について解説しますので、試合観戦やプレーが楽しめるようになります!

この記事で分かること
  • 「ゲーム」「セット」「マッチ」などの用語について
  • ポイントの数え方と判定の仕方ついて
  • サーブとレシーブのルールについて
  • 「デュース」「タイブレーク」のルールについて
  • 壁のルールについて

得点と試合のルールとは?

まずは試合を進めるための得点や数え方について、以下の単語を抑えましょう。

ポイント

得点の最小単位です。
得点を1回取るごとに「1ポイント」GETします。
2回取れば「2ポイント」と数えていきます。

さらに詳しくはこちら

ゲーム

ポイントの次の単位です。
基本的に4ポイント先取したペアが「1ゲーム」GETします。

セット

ゲームの次の単位です。
基本的に6ゲーム先取したペアが「1セット」GETします。

スコアに注意

スコアとは「ポイント」「ゲーム」「セット」のことで試合の映像などに表示されて得点のことです。

スコアの表示と実際のポイントは同じではないので注意してください。以下のような呼び方(コール)をします。

実際のポイント スコア上の表示 コール(呼び方)
0 0 ラブ
1 15 フィフティーン
2 30 サーティ
3 40 フォーティ

*ゲームやセットの表示は実際のものと同じです。

実際のゲーム・セット スコア上の表示 コール(呼び方)
0 0 ゼロ
1 ワン
2 トゥー

ポイントの呼び方(コール)

サーブを打つ人の得点からコールします。

ポイント コール 実際の得点
15-0 フィフティーン・ラブ サーバー側:1ポイント
レシーブ側:0ポイント
0-15 ラブ・フィフティーン サーバー側:0ポイント
レシーブ側:1ポイント
30-30 サーティ・オール サーバー側:2ポイント
レシーブ側:2ポイント
40-30 フォーティ・サーティ サーバー側:3ポイント
レシーブ側:2ポイント

勝敗の付け方

パデルの公式戦では3セットマッチで行われることが多いです。
3セットマッチとはどちらかが2セット取った時点で勝利が決まる試合形式のことです。
ただしセット数が1−1になった場合は3セット目を行い、2−1になるまで試合が継続します。

デュースとは?

パデルの世界ルールではデュースはありません。
しかし日本国内においてはデュースがあります。
ですので一応確認しておきましょう。

スコアが【40−40】=【3ポイント−3ポイント】になったときにデュースになります。

デュースになった場合は次のポイントを取ってもゲームを取得すつことになはなりません。

以下の表のように2点差がつくまでデュースは繰り返しとなります。
またデュースの次のポイントをサービスサイドがとれば
・アドバンテージサーバー
レシーバーサイドが取れば
・アドバンテージレシーバー
となります。

Aペア【サーバー】 Bペア【レシーバー】 コール
15−0
15−15
30−15
40−15
40−30
デュース
4 アドバンテージサーバー
デュース
アドバンテージレシーバー
ゲーム

タイブレークとは?

タイブレークとはゲーム数が【6−6】になった場合に行われる、今までとは異なるゲーム形式のことです。

ゲームカウントが【6−5】になった時点でセットが取れるのでは?と思われるかもしれませんがゲームカウントが【5−5】になった時点で【7−5】になるまでゲームの延長が決定します。

もし2ゲーム差がついた【7−5】になることなく【6−6】になるとタイブレークへ突入します。

タイブレークのルールは
・7ポイントを先に先取する。【7ー4】など
・ポイントが6−6になった場合は2点連取する必要がある。【6−8】など
*タイブレークのポイントは数え方が【ワン、ツー、スリー…】といった普通の数え方になります。

ポイントになる条件は?

パデルはテニスとよく似ていますが、ポイントの決まり方は少し違う部分もあります。

  1. 自分の打ったボールがネットにかかる▶ネット(相手の得点)
  2. 自分の打ったボールが相手のコートで1バウンドして、もう一度地面で1バウンドし合計2バウンドする(自分の得点)
  3. 自分の打ったボールがフェンスに当たる▶アウト(相手の得点)
  4. 相手コートのガラスに直撃する▶アウト(相手の得点)

    自陣のガラスに当てて返球することはアウトになりません。
  5. 自分のラケットがネットに当たる▶ネットタッチ(相手の得点)
  6. サーブを2回失敗する▶ダブルフォルト(相手の得点)

サーブとレシーブのルール

つづいて1ポイントが始まるサーブとラリーについて説明していきます。

サーバーとは

サーブを打つ側の人を「サーバー」といいます。サーバーから1ポイントが始まります。

レシーバーとは

レシーブを打つ側の人を「レシーバー」といいます。

交代のルール

サーバーとレシーバーは1ゲームごとに変わります。

1ゲームが終了すると今までレシーバーサイドだったペアが、次はサーブからポイントを始めます。

Aさん Bさん Cさん Dさん
サーブ
サーブ
サーブ
サーブ

*基本的にサーバーがとても有利だとされており、自身のサービスゲームをGETすることを「キープ」といい、相手のサービスゲームをGETすることを「ブレイク」といいます。

壁のルールについて

  1. 相手が打ってきたボールがこちらのコートでバウンドしガラス・フェンスに当たった後のボールを打ち返す事ができる。(地面で2バウンドするまでの間なら、どんな状況でも返球してOK)
  2. 上述しましたが自陣のガラスにぶつけて返球することができます。フェンスは使えず、当たるとアウトになる。