パデルラケットの握り方|グリップの持ち方

パデルとは

よし!コートもラケットもボールもレンタルしたし、いざラリーをしようではないか!…あれ?でもグリップってどうやって握るんだろ?

こんにちはAshiyaです!

今回はこんな疑問にお答えします!

結論

必ずコンチネンタルグリップで握ってください!

軟式テニスではイースタングリップと呼ばれる握り方です。

イメージしづらい方は包丁握りです!

ラケットで人参を切るようにグリップを握ってください。

画像

これは絶対です。

ウエスタングリップや違う握り方で慣れてしまうと、一定のところから成長が著しく遅くなります。

(ウエスタングリップとは地面に平たくラケットをおいて上から握る持ち方)

画像

ラケットの握り方

コンチネンタル

画像

ウエスタン

画像

セミウエスタン

画像

コンチネンタルグリップの理由

その1

パデルは壁に囲まれているという性質上、スライスのショットを多用します。

簡単に言うとスライス回転をかけると壁に当たってから地面に向かって跳ね、有利になるからです。

(この説明が分からない方は、ぜひ壁とスピンの関係についての記事を確認してください)

このスライスを打つのに適した握り方がコンチネンタルだからです。

またボレーは基本的に硬式テニスと同じ打ち方が有利(スライス回転とリーチの関係上)ですので、バックボレーはフォアボレーと逆の面を使います。

軟式テニスはバックもフォアも同じ面で打ちますがパデルはそうではありません。

その2

またパデルは壁に囲まれているという性質上、壁から跳ね返ってきたボールをリターンします。

このとき多くの場合はボールは膝より下の打点であることが多いです。

膝より下の打点のボールをウエスタングリップの手のひらの面で返球することは非常に難しいです。

何故なら面が上を向かないからです。

ウエスタングリップの手の甲の面であれば拾いやすいですが、コントロールが難しいです。

レボテのボールが拾いやすく、コントロールもしやすいラケットの握り方がコンチネンタルとなっているのです。

例外

今まで散々コンチネンタルと言ってきましが、例外もあります。

それは上級者です。

パデルでは様々にショットでグリップチェンジをします。

グリップチェンジとは自分が打つショットによって握り方を変えるのです。

いやいやボールが私のところにくるまでに数秒、その間にグリップの握り方を変えろって?無理じゃん!笑

と思う方もいるかも知れませんが、これは必要な技術です!

とは言ってもコンチネンタルで打てない分けではありませんし、上級者の方もコンチネンタルをしっかりと学んだ後にグリップチェンジを習得していきます。

焦らずまずはコンチネンタルをしっかりと身に付けましょう。

まとめ

 

基本グリップの握り方はコンチネンタル!

それ以外は論外です!

上級者になるとコンチネンタルを基本にグリップチェンジを行う。

コンチネンタルの握りをされていない方は今からでも遅くはありません必ず直してください。

パデルを続ける限り、その握り方は将来あなたを必ず苦しめます…

余談(経験談)

散々コンチネンタルが大切だ!と書き綴ってきました。

しかし私自身、軟式テニスからパデルを始めた身であるためコンチネンタルグリップはサーブのときやボールに届かない!っていうときにしか使ったことがありませんでした。

なのではじめは中々まともに打てませんでした。笑

バックボレーやバックストロークなんてひどいひどい…

ただ週1もしくは月3程度、施設イベントへの参加を繰り返して1年が経つ頃には握り方には完璧に慣れました。

握り方を変えたら下手になってしまう…

それは当たり前です。変化を加えれば一度落ちます。

ただしそこからの伸び代は計り知れません。

ぜひ正しい握り方でパデルライフを送ってくださいね!

それでは今回はこんな感じになります!ちゃお!