パデルとは【テニスとは違うマイナースポーツが世界中で人気急上昇】

パデルルール

はじめまして!Ashiyaです。今回は「パデルとは」について解説していきたいと思います。現在世界中でブームを巻き起こしているマイナースポーツです。初めて聞く方でも分かるように解説していきます。

この記事で分かること
  • パデルとは
  • テニスと違う点・同じ点
  • オリンピック競技になる?
  • サッカー選手も愛好中
  • パデルのルールについて

【パデルとは】テニスとは違うマイナースポーツが世界中で人気急上昇!

パデルとは

パデルとは「テニスとスカッシュを合わせたようなスポーツ」と言われます。少し小さめのテニスコートが壁に囲まれており、この壁を使用して様々なショットを放ち相手とポイントを取り合います。壁がある点はスカッシュとよく似ていますが、ネットを挟んで対面で行うところは多くのラケット競技と似通っており、その点は馴染みやすいです。

こちらの動画でなんとなくイメージを掴んでいただけると思うのでぜひ一度チェックしてみてください‼

#Top5 Puntazos Paquito Navarro 2020 | World Padel Tour

パデルとテニスの違う点・同じ点

ざっくりとテニスと違う点や同じ点を確認してみましょう。

違う点

  • コートサイズが一回り小さい(10m×20m)
  • ガラスやフェンスに囲まれている
  • ラケットが小さく扱いやすい
  • ボールの気圧が違う(パデルは1気圧低い)
  • シングルスは無い(シングルコートが徐々に設立されている)

同じ点

  • ネットを挟んで対面で行う
  • ポイントの数え方が同じ(少し違うところもある)
  • ゲームを進める上でのルールもほぼ同じ

オリンピックに近いマイナースポーツ

現在パデルは世界中で人気の火がつき、オリンピックにもっとも近いマイナースポーツとも言われています。その発祥はスペインで現在テニス人口よりもパデル人口の方が多く、テニスコートよりもパデルコートの方が多いという驚きの事実があるのです。

1962年から始まったパデルはその人口を爆発的に増やしています。発祥の地スペインからフランス、スウェーデン、ベルギー、ドイツ、イギリス、スイスへと広まりました。

2021年現在、欧州ではフランスとスウェーデンが特に力を入れているそうです。また南米ではアルゼンチンをメインにブラジル、メキシコでも広まり、アメリカ、カナダ、オーストラリアもパデルの魅力が広まりつつあります。

パデルが日本へ伝来したのは2013年です。徐々にアジアへの広がり中国、タイ、韓国にもパデルコートが建設されています。中国では100面近くパデルコートがあるそうですよ!

またパデルの人口増加率はスポーツの歴史史上最速と言われています。

有名サッカー選手もプレイ中

スペインといえばサッカー大国ですが次に人気なのがパデルです。スペインはナダルなど有名なテニス選手を排出していますが、テニスよりもパデルがのほうが人口が多いようです。そのためスペインのプロサッカー選手が趣味でパデルをしているInstagramやTwitterが実際に投稿されています。

メッシ、ネイマール、イニエスタ、ベッカムなど名だたる有名選手がパデルを愛好されています。

この投稿をInstagramで見る

David Beckham(@__beckham75__)がシェアした投稿

パデルのルールについて

つづいてパデルのルールについて簡単に解説していきます。

相手コート上に入れる

基本的に自分が打ったボールは相手の人工芝に落ちなければなりません。黄線のように相手の人工芝上(赤色)にボールを返球する必要があります。人工芝で1バウンドした後であればガラスやフェンスに当たってもアウトにはなりません。

壁に直撃はアウト

下図のように直接ガラスorフェンスに当たった場合はアウトとなり相手のポイントになります。またネットに引っかかった場合も相手のポイントになります。

 

 

コート上で2バウンドするとポイント

アウトやネットミス以外ではコート上で2バウンドすることでポイントになります。

 

 

上図ように地面で2バウンドすることで1ポイントとなります。選手たちは地面で2バウンドするまでに返球する必要があります。

  • ノーバウンドで返球してもOK
  • 1バウンドで返球してもOK
  • 1バウンド後に壁に当てて返球してもOK

もう少し詳しいルールについては「パデルのルール」という記事で解説しますのでそちらを覗いてみてくださいね。

まとめ

それでは最後にまとめて終わりにしたいと思います。

  1. パデルは世界で人気急上昇中!
  2. オリンピックにもっとも近いマイナースポーツ
  3. 現スポーツの人口増加率はNo1
  4. 壁を使ったテニス
  5. ポイントの数え方はテニスと同じ

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

初級−スキルアップ
パデル経験やテニス経験がまったく無い方でも少しずつレベルアップしていけるようにロードマップを作成しました。パデルに関して何かヒントを求めている初心者に届くといいなと思っています。
初中級−スキルアップ
パデルの魅力にハマり始め更なるレベルアップを目指したい初中級向けにレベルアップできるロードマップを作成しました。パデルショットや戦術についてまとめていますのでぜひチェックしてみてください。
パデルのルール
テニスを知らない方、テニスのルールは知っていてもパデルのルールはよく分からないという方でも分かるように基礎的なところからパデルルールをまとめていきます。
ギア
「ギア」の記事一覧です。

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。