パデルコーチになって良かったこと。その3「外国人によく出会う」

パデル関係

パデルコーチになってよかったこと第2弾「パデルについて詳しくなる」はボリュームがあって読むのも大変でしたが、おすすめのYoutubeチャンネルなどが載っていてよかったです!今回も期待しています!

どーも!断捨離しまくっているAShiyaです!

衣替えと同時に夏服を捨てまくったので来年夏に着る服があるのか心配なくらいです。

前回のパデルコーチになって良かったことシリーズは「パデルについて詳しくなる 」を書きましたので興味のある方はリンクからどうぞ!

今回は少し方向性が異なりますが、これも大きな魅力じゃないかなと思っています。

パデルコーチになって良かったこと。その3「外国人によく出会う」

これは自分でも驚きましたが、日本でこれほど外国人と関わりが持てるなんて思ってもいなかったです。

スペイン人オーナー

まずは私の職場ですが、オーナーがスペイン人です。

まさかスペイン人と働く日が私の人生にやってくるなんて思ってもいなかったです。

オーナーは日本に住んで長いですが、やはりスペイン人なので文化の違い・価値観の違いがあって面白いなと思うところがたくさんあります。

この間、事務所の蛍光灯を変えるために15時に業者の人に来てもらう約束をしていましたが、14時40分に来て15時には作業を終えて帰っていきました。

その時オーナーは「これが日本ね。笑」と言っていました。

「すごいけどすごくない」とも言っていました。笑

また私が話ている最中に「一石二鳥」という言葉を使ってしまい「あ、難しいよね。意味わかる?」と聞くと

「分かる分かる!英語にもスペイン語にも全く同じ言葉がある!kill two birds with one stone」

と言っていました。「国が違うのに、使うもの、的まで一緒って面白いね!」と盛り上がりました。

スペイン語は聞き取れませんでした。笑

おそらく日本人同士であれば何もなく終わった会話ですが、文化の違う人たちと働くと何かと話題になって盛り上がるから面白いですね!

他にも働き方や結婚に対する考え方など勉強になることはたくさんです。

全国的にも外国人?

パデルの発祥はスペインですし、最先端をいっているのもスペインです。

そこで日本とパデルを繋げる為にスペイン人の方が、日本でパデルと関わる仕事をしてくれています。

そのためパデルをしていると自然とスペイン人に出会うことがあることがあります。

私自身3名のスペイン人とお話したことあります。

同じスペイン人でも南の方は陽気なTheスペイン人で、北の方は少し真面目という違いも感じられた気がしました。

テニスでは海外の方と関わることはなかったので面白い環境だと思っています。

外国人とお話したい方はパデルを初めて見るのありですよ!

サッカー選手と出会う

スペインといえばサッカーですよね!

またスペインではサッカーの次に国民的なスポーツがパデルとなっていますから、イニエスタ選手ののようにサッカー選手がパデルをしているなんてことも良くあることだそうです。

私の住む地域にはサッカークラブがありますが、そこへ助っ人外国人としてスペインのサッカー選手がやってきます。

今ではクラブチームの監督がスペイン人であることと、パデルコートとサッカーの練習場が近くにあること、そしてオーナーがスペイン人であることが相まって、助っ人外国人がよくパデルをしにきてくれます。

ノリがとてもいいので日本語が話せなくても、日本人のお客さんとワイワイ楽しくやっています。

日本のきゅうりと、スペインのオリーブオイルを贈り合っているかたもいました。笑

南米との関わり

私の地域では南米の方が移住しています。

住んでいるといっても、普通に暮らしているだけではあまり関わりを持つことはありません。

ですので街を歩く白人風の人たちが南米人であることを、パデルを始めるまで知りませんでした。

そして驚いたのはパラグアイ人と関わる日がやってきたことです。

オーナーから「明日パラグアイの人たちが体験に来るから」と言われ、「パラグアイってどこやねん!」と思い早速調べるほどでした。

南米にあり日系人が多く、現在では日本に移民する日系パラグアイ人の方も少なくないようです。

もともとスペインの植民地であったこと、そして世界で2番目にパデルが進んでいるアルゼンチンとも近いことから、パラグアイには日本よりもパデルコートが多いそうです。

そのため日本でパデルをすることは自国に思いを馳せるような気持ちもあるみたいです。

私は他国へ旅行に行くだけでも大変なのに暮らすとなるともっと大変だと思います。

また人柄がとてもいいので、パデルをする時は少しでも心が癒される時間にできるようにしたと思わされます。

他にもブラジルやペルーの方ともお会いすることがあるのでパデルは外国が好きな方にとって魅力的なスポーツだなと思っています。

 

以上、今回はこんな感じになります!

それでは ちゃお!