【パデルの魅力】週刊少年ジャンプとパデルの意外な共通点とは⁉︎

パデル関係

突拍子もないお題がついていますね!週刊少年ジャンプと言えば、僕の年代だとワンピース、ナルト、ハンターハンター、テニスの王子様などが代表作です!パデルと何か関係があるんですか?

どーも!ハンターハンターは私が生きているうちに完結するのか非常に気になります!Ashiyaです!

今回はパデルの魅力と週刊少年ジャンプの魅力に共通点があるんじゃないかなと思ったので記述していきます!

【パデルの魅力】週刊少年ジャンプとパデルの意外な共通点とは⁉︎

魅力の考察-結論-

私の出した結論としてはショットを習得していく過程がまるで週刊少年ジャンプに出てくる主人公たちが必殺技を覚えていく過程によく似ているというものです。

週刊少年ジャンプに出てきたブーメランスネイク、千鳥、ギアセカンド、エンペラータイムに思いを馳せたのは私だけでは無く、出来もしない必殺技ができるような気分になっていた若かりし頃の苦い思い出が誰しもあるはずです。

男子だけではなく月に変わってお仕置きしていた女子たちも同じはずです。

どの漫画でもキャラクターが新しい技を覚えて強くなるシーンは胸熱くなるものでした。

パデルにも必殺技

パデルにもこちらの記事「パデルショット|種類と簡単解説で解説」で紹介しているように非常に多くの必殺技(ショット)があります。これでもまだ書ききれていません。

私自身これら1つずつ練習しては習得して強くなり、練習しては習得して強くなりと過程を踏んでいます。

各ショットを習得したとき確実に強くなる自分がいます。それだけで今まで勝てなかった相手に勝てるようになることもあります。

さらに単純に壁に当たった後に使う新しいショットBを覚えたことによって、以前から使っていたショットAにも輝きが増します。

というのも相手はショットBを打ってくるのかAを打ってくるのか翻弄させられるからです。

このようにレベルUPしていくことで駆け引きに複雑さが生まれ、パデルはどんどん面白くなっていきます。

伸びしろを感じる

パデルを勉強していくと、上述したようにたくさんのショットがあることに気付かされます。

ただこのとき思うことはまだまだ自分て下手くそだなぁと思うだけでなく、このショットもまだ打てない、このショットもまだ知らない。

てことは…まだまだ自分に可能性(伸び代)あるじゃん!そう思わせてくれるのがパデルの不思議なところです。

考え方の問題もあるかもしれませんが、もしあなたが試合に勝てなくて思い悩んでいるのであれば上に貼り付けたリンク先の各ショット全てをマスターしてから悩むべきではありませんか?

やれること、やるべきことが可視化できているうちはそれを全てやるべきで、意味もなく悩んでいる暇はありません。

大変なのは自分は何を頑張ったら強くなれるのかわからなくなった時です。

あなたには見聞色の覇気、八門遁甲、天衣無縫の極み、ゴンさんなどのようにたくさんの可能性が残されているかもしれませんよ!

まとめ

厨二心を煽るテイストの記事になってしまいましたがご容赦ください。

それでは最後にまとめにして終わりたいと思います。

  1. パデルはショット数が多い
  2. ショット習得の過程が漫画キャラクターの必殺技習得の過程のよう
  3. 技が多くて伸び代しかない

以上今回はこんな感じになります!ちゃお!