チャンスボールを回避するための工夫5選

先日レッスン生から簡単にチャンスボールにしないようにするにはどうすればいいですか?と質問を受けたので、今一度考えをまとめました。今回は以下の内容について共有したいと思います。

打点を意識する

どのような球技でも打点がとても大切です。打点が前後左右・手前奥、少しだけずれるだけでアウトやネットになったり、浮いたチャンスボールになることが多々あります。打点を守れるようになるにはボールの回転特性やフットワーク、リズムなど様々な要因が重要になってきます。

解決策は正しい打点を理解すること、フットワークを含めた練習内容を取り入れること。フットワークにもたくさんの種類があります。

ボールの速さに慣れている

自身のレベルよりも高い人と戦うと早いボールがたくさん飛んでくると思います。例えばボレーサイドのとき、一瞬反応が遅れただけで打点がずれ面が上を向いてボレーも浮いてしまうことがあります。

解決策は日頃から早いボールとのやりとりに慣れられるように、自分よりレベルの高い人が集まる練習会や大会、イベントに参加しましょう。

ボールの回転特性を理解する

相手がトップスピンを打ったのか、スライスを打ったのかを把握することが大切です。フォームを見れば分かることなので難しことではないと思います。回転が分かれば、空中でボールがどのような軌道を描くのかを推測することが大切です。

続いてボールがサーフェスでどのような跳ね方をするのかも理解しておくことが重要です。これらは回転の特性について【パデルのトップスピンとスライスの特徴を抑える】こちらでまとめているので、確認してみてください。

回転と壁の関係を把握している

回転と壁の関係を理解するはとても重要です。下回転や上回転だけではなく、横回転や、横回転+横壁、上回転✖️ドブレなど様々な状況で回転と壁の特性を理解して考えてなくても動けるように練習しておく必要があります。

具体的な解決策は右利きの選手、左利きの選手、それぞれ練習相手を見つけておくこと。バンデッハ・ルーロ・スライスボレーなどパターンを変えた球出し練習をすること。

逃げ玉のクオリティ

苦しい時にとりあえず打ってをおくショットのことを逃げ玉と呼んでいます。私の中の逃げ玉はロブと相手のバックハイボレーです。基本的にはロブがおすすめですが、国内の多くのコートでは天井に高さ制限があるのでロブにも高いスキルが求められます。ロブが難しい場合は相手のバックにボールを打てれば、フォアほど厳しい球が返ってくることは少なくなるのでおすすめです。

そしてこの逃げ玉を自分が「ヤバい!」と思った時にだいたいコントロールして打てるようにしておくといいと思います。

まとめ

以上この他にもたくさんの要因でミスショットは生まれますが、まずは意識できるところをお伝えできればと思います。参考にしてみてください。