パデルラケットの選び方と特性について【Bullpadel・ブルパデル】

ギア知識

こんにちは!Ashiyaです!パデルラケットを選ぶ際に重要になってくる特性について解説していきたいと思います。今回はBullpadel編になっていますのブルパデルラケットの購入を考えている方はぜひチェックして見てください!

この記事で分かること
  • ラケットの特性について
  • ハックとは
  • ビボラドライブとは
  • メタルシールドとは
  • マルチエヴァとは
  • トライカーボンとは
  • アダプティアとは
  • カスタムウェイトとは
  • ナーブとは
  • ブラックカーボンとは

ラケットの特性とは

Bullpadelのラケットにはいくつかマークがあります。この画像であれば右側に注目してみてください。

8つくらい並んでいますよね。これがラケットの特性を表しています。それぞれチェックしていきましょう。

HACK(ハック)

ハックはラケットの型のことです。

型とは主にどこを指すのかというと「ハート」です。ハートというのは二股になっている空洞の部分です。

ハックの場合この形にすることでコントロール性が向上するそうです。

ハックブリッジとも呼ばれたりします。

Vibora Drive(ビボラドライブ)

2つ目はビボラドライブと読みます。下の画像の青いゴム製のパッキンを確認してください。

これがビボラドライブです。こちらは振動吸収を行ってくれる機能です。

Bullpadelの上位モデルはこのビボラドライブが取り付けられており、振動吸収の役割を果たしてくれています。テニスラケットに取り付る「振動止め」と同じです。効果としては以下の通りです。

  1. 打感がはっきりする
  2. ボールの収まりがよくなる
  3. 腕への負担を減らす

Metal Shierd(メタルシールド)

次はメタルシールドです。こちらはラケット上部のラケットガードのことです。

私のラケットではメタルシールドが黒く塗装されているので分かりにくいのですが、線状の傷がたくさん入っているところがメタルフレームでシールドの役割を果たしてくれています

これだけ傷がつくということはメタルシールドの効果はありそうです。

Multieva(マルチエヴァ)

次はマルチヴァです。ラケット表面の間に挟まれているスポンジような素材をEVA(エヴァ)と言います。

このエヴァが通常は1層でできているのですが、マルチエヴァでは3層になっています。

表面側の2枚のエヴァは強く硬いため良く反発します、一方でサンドイッチされた真ん中のエヴァは柔らかい素材です。

1層の場合エヴァが硬いか、柔らかいのどちらかになります。

強力なスマッシュを打つ場合は反発の強い硬いエヴァの方がいいです。ですがラケットの接触時間が短い分コントロールしづらいラケットになってしまいます。

逆に柔らかいエヴァはラケットとボールの接触時間が長い分コントロール性は増しますが、強くラケットを降ってもパワーがエヴァに吸収されスマッシュなどの勢いが落ちてしまいます。

つまり硬いも柔らかいも一長一短の特性をもっているのです。

しかしマルチエヴァという三層構造にすることでこの両方を補うことができるようになりました。

スマッシュのようなボールとラケットの接触時間が短い強力なショットは表面の硬い層で強く反発させ、コントロールボレーのようなラケットとボールの接触時間が長いショットは硬い層を経て柔らかい層まで打感が届きボールコントロールがしやすくなります。

Tri Carbon(トライカーボン)

ラケット表面のカーボンアビリティです。下の写真を良く見てみてください。

表面に2,3cmの四角が見られます。

これは帯状の2枚のカーボンが編み込まれているからこのようなカラーになっているのです。

イメージとしては2枚の鉢巻を上下に編んでいるような感じです。

トライカーボンの場合これが三枚のカーボンで編まれることになります。女の子の三編みのような感じです。

先程のマークとは異なり立方体のような表面模様が見られます。

これによりラケットの剛性(壊れにくさ)と汎用性が上がります。

Adaptia(アダプティア)

次はアダプティアです。これはHACK02及びHACK02CTRにしか搭載されていないテクノロジーです。

マルチエヴァ、トライカーボン、そしてHACKのハートから織りなされる特性でマルチエヴァの特性をよりはっきりとさせるようです。

個人的な感想

私は話を聞いた時は「ほんとかなー?笑」と思いました。

アダプティアを搭載したHACK02でボレストなんかをしていると基本的には柔らかいラケットだなと感じました。

しかしスマッシュを打つとちゃんと威力が出て、深い位置からでもポルトレスできるのです。

これには正直驚きました。

ですので柔らかいラケットが好きだけど、反発も欲しいという方にはHACK02の2020以降のモデルをお勧めしています。もしくはマルチエヴァを搭載したラケットもおすすめです。

硬いラケットの方がコントロールしやすい方は、もとから硬いラケットでいいと思います。

Custom Weight(カスタムウェイト)

次はカスタムウェイトはラケットの上部と下部に取り付けられる重りのことです。重りは別売り

この重りを取り付けることでラケットのトップが重くなるのでスマッシュの威力が増したり、打ち負けることが少なくなります。(重くなっても扱える筋力は必要)

またグリップエンドにつけるタイプもあるので、そちらを取るつけるとラケットの操作性がよくなると言われています。

Nuerve(ナーブ)

続いてナーブです。ナーブは写真のブリッジ状に曲がっているフレーム部分です。

これはラケットの軽さを保ちつつ剛性を高めるためののテクノロジーです。

パデルはラケットを良い状態で長く使えることに価値があります。

このナーブはフレーム部分の変形を抑えています。

橋などもよくブリッジ状にしているのと同じです。重力や橋の上を通る車の重みにしっかり耐えられるように設計された形だからです。

ラケットも同様でボールの威力にしっかり耐えて変形しないように、ナーブが使用されています。

Black Carbon(ブラックカーボン)

これはラケットに載っていますせんが重要なことなので書いておきます。

高いラケットと安いラケットを比較していると、内部のエヴァが白・黒といった色の違いに気がつくと思います。

(写真は光の加減で白く見えますが実際は黒)

値段的にみると白いエヴァは安く、黒いエヴァは高いです。

黒いエヴァはインパクトの際の心地よさを提供すると言われていますが、インパクトの感覚の好みは人それぞれだと思うので私はあまり触れません。(個人的にはブラックカーボンが好きです)

しかしもう1つ大事なお話があります。それが「形状記憶性」です。

形状記憶とはどれだけ新品な状態を保つことができるかということになります。

パデルのラケットはテニスとは違いストリングスの交換ができません。

そのため買ったときの状態を長く維持することに価値があります。

しかし当たり前ですが内部のEVAも使用するにつれてヘタっていきます。

このとき安い方の白いエヴァだと変形が早いです。一方でブラックカーボンと呼ばれる黒いエヴァは変形しにくいです。

変形とは目に見えるものではありませんが、テニスでいうとストリングス・ガットの張りが弱くなってきたイメージです。ストリングスであれば交換できますが、パデルラケットはそうはいきません。

もちろんエヴァがへたると購入した時とは違う打感になり、スマッシュの威力もダウンしていきます。

また内部のエヴァがへたり、ラケット表面との乖離が発生するとラケットの表面の破損にも繋がります。

まとめ

何はともあれ高いラケットは相応のテクノロジーが搭載されています。

打感の好みは人それぞれですのでマルチエヴァがいいとか、そうじゃないとかは私からお話することはありません。(個人的にはマルチエヴァが好きです。)

しかしメタルシールド・ナーブ、ブラックカーボンなどラケットの破損に関係するテクノロジーについてはしっかりと確認したほうがいいいと思います。

安いラケットを短いサイクルで買い換えるのが得策か、高いラケットを長い期間同じ状態で使用するのが得策かを今一度考えてみてください。

もう1つ言えることとして今購入を考えているラケットにどんなテクノロジーが搭載されているかです。特にテクノロジーが搭載されていないにも関わらず結構なお値段がするラケットもあります。

一度どのようなテクノロジーが搭載されているか確認してから購入を考えることをお勧めします。

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

初級−スキルアップ
パデル経験やテニス経験がまったく無い方でも少しずつレベルアップしていけるようにロードマップを作成しました。パデルに関して何かヒントを求めている初心者に届くといいなと思っています。
初中級−スキルアップ
パデルの魅力にハマり始め更なるレベルアップを目指したい初中級向けにレベルアップできるロードマップを作成しました。パデルショットや戦術についてまとめていますのでぜひチェックしてみてください。
パデルのルール
テニスを知らない方、テニスのルールは知っていてもパデルのルールはよく分からないという方でも分かるように基礎的なところからパデルルールをまとめていきます。
ギア
「ギア」の記事一覧です。

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。