【パデルショット】バックで打つべきブロックボレーの打ち方とコツ解説

ショット

こんにちは!Ashiyaです!今回は「ブロックボレー」の打ち方について解説していきます。相手がボディ(体の正面)を狙って打ってきた時のボールの処理の方法ってフォア?バック?そもそも打ち方が違う?今回はそんな悩み解決していきたいと思います。

この記事で分かること
  • ブロックボレーとは
  • ブロックボレーの有効性
  • ブロックレーの打ち方
  • ブロックボレーで狙うコース
  • ブロックボレーの注意点

ブロックボレーとは

ブロックボレーとは相手がこちらのボディ(正面)を狙ってきた時に使用する打ち方です。

使用する面としてはバックボレーと同じ面を使用しますが、打ち方や特徴としてはフォアボレーやバックボレーとは異なります。

また今回お伝えするブロックボレーはバックハンドでの打ち方です。

多くの場合正面に飛んできたボールはバックで打つ方が返しやすいからです。

ブロックボレーの有効性

ブロックボレーは「使いたいから使う」ではなく「使わざるを得ないから使う」といったシーンが一般的です。

ボレーボレーや、相手がボディを狙ってきた攻めのストローク、バンデッハ、バッハーダの処理など「球速のある展開=自分に時間の無い展開」となります。

コートが小さいためボレーボレーや、ロブで自身が前に詰めた後のボールが図らずともボディに返ってくることは多くなります。

このときステップを踏んでボレーすることは間に合わず、反射的な打ち方でボールを返すことになります。

このような場合に安定して返球できる打ち方が今回のブロックボレーです。

ブロックボレーの打ち方

それではブロックボレーの打ち方を確認していきましょう。

構え

構えはラケットに顎にかかるくらい高くし、若干バック気味に構えておきましょう。(写真はちょっとやりすぎ)

どのショットでもそうですが、まずは構えが大切です。そしてブロックボレーは他のどのショットよりも構えが大切といっても過言では無いかもしれません。

特にパデルはコートは小さく、自身も高めのネットポジションを取ることが多いです。

そのため自身にボールが届く時間が早くなるのでラケットは高く構えることが理にかなっています。

バックで処理する範囲を理解しておく

ブロックボレーをするときの事前知識として、どこまでバックでどこまでがフォアなのか、取りやすい範囲をある程度理解しておく必要があります。

私の場合は画像のような感じです。

テイクバック

テイクバックというのはほぼありません。構えが大切です。

しいて言うなら展開や状況を見てラケットのセット位置を調整することがテイクバックとなります。

相手が早く打ってきそうだと思えばしっかりネットに詰めてラケット高くセットするなども考えられます。

このように画像でみるとバックボレーでのカバー率はとても高いです。そのため普段の構えをバック側に寄せておくといいでしょう。

スイング

スイングは肘を右上にスライドしていき、横移動の限界がきたらそのまま肘を上に引き上げていきます。

さらに肘に限界がきたら曲げている肘を伸ばしていくことでフォア側のボールも処理することできるようになります。

インパクト

インパクトの種類はいくつかありますが相手の強いボールに打ち負けないようにグッと握るパターン。

力を入れてしまうとアウトする人は逆に当てる瞬間だけ力を入れて後は脱力するパターン。

回転をかけてボールの勢いを殺すパターンなどがあります。回転をかけるときはラケットを右斜めにぬきます。

ステップ

多くの場合、ブロックボレーは右足の踏み込みが多くなります。

右足を開くことでカバー率が増え体重も乗せやすいです。

ブロックボレーで狙うコース

ブロックボレーは相手に攻められているときの守りのボレーです。

コースを狙った無理な返球よりも、一般的に簡単と言われているボールが飛んできた方に素直に返しておくことをお勧めします。

またバッハーダやバンデッハをカットするブロックボレーの場合、飛んできた方に返しておいたほうが、相手のポジションも後ろなので安全です。

レベルの高いペアだと浮き球を狙っていることがあります。

ブロックボレーの注意点

続いてブロックボレーの注意点について確認していきましょう!

ラケットの構えが低い

ラケットの構えが低いとラケットを下から上に上げる動作で打つことになります。

ブロックボレーは上に浮きやすく、どちらかと言うと上から抑え込む意識があってもいいくらいなのでラケットは高く構えるようにしましょう。

ボレーのポジションではいつも高くを意識すると良いです。

左足がでる

左足が前にでているのに上半身が右に動くブロックボレーの打ち方をすると、力が分散してしまい安定感がなくなります。

これではボールのコントロールが難しくなってしまいます。

体が上を向く

体が上を向くと面も上を向きやすくなるのでアウトしやすくなります。

例外

時間がない場合や相手の打ってきたコースによっては時間を遅らせてフォアでとることもあります。

まとめ

以上今回はいざというときの緊急回避的なブロックボレーについて解説してきました。

これができるようになるとより一層ボレーでのカバー率があがりますので是非この記事を参考にトライしてみてください。

お知らせ

今回は以上になりますので最後にお知らせです。当サイトではレベル別にスキルアップするためのロードマップを作成中です。またその他にルールやギア、コラムページもあるのでぜひチェックしてみてください。

初級−スキルアップ
パデル経験やテニス経験がまったく無い方でも少しずつレベルアップしていけるようにロードマップを作成しました。パデルに関して何かヒントを求めている初心者に届くといいなと思っています。
初中級−スキルアップ
パデルの魅力にハマり始め更なるレベルアップを目指したい初中級向けにレベルアップできるロードマップを作成しました。パデルショットや戦術についてまとめていますのでぜひチェックしてみてください。
パデルのルール
テニスを知らない方、テニスのルールは知っていてもパデルのルールはよく分からないという方でも分かるように基礎的なところからパデルルールをまとめていきます。
ギア
「ギア」の記事一覧です。

すべてのパデルショットについて知りたい方はこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」をチェックしてみてください。