【パデル戦術】ロブアンドダッシュでネットポジションを取る【初級編】

戦略

どーも!Ashiyaです!今回はパデル戦術としてロブを使用したネットポジションのとり方を紹介していきます。今回の内容はこちらのロブの打ち方【初級編】を習得した方におすすめする戦術ですのでぜひチェックしてください!

この記事で分かること
  • パデルの必勝法とは
  • ロブの必要性
  • ロブの良いところ
  • ロブの使い方
  • ロブのおすすめ練習方法

【パデル戦術】ロブアンドダッシュでネットポジションを取る【初級編】

パデルの必勝法とは

パデルには必勝方法があります。というより、これができなければ勝つことができません。それが相手よりも多くネットポジションをとることです。

試合を通してネットの維持率が高いペアが勝利を掴みやすいとうのは間違いないでしょう。

ネットポジションの良い所

パデルはネットポジションを取った方が有利です。その理由は以下の点です。

  1. ネットより高い位置からボールが打ちおろせる(ネットやアウトの確率が低い)
  2. ボレーは角度をつけやすくフェンスも狙いやすい
  3. スマッシュ系の強力なショットが打てる

上記の内容はロブで解説したのもう少し深堀りしてみます。

  1. ネットより高い位置からボールが打おろせるということは威力が強くなります。この威力というのは速さだけでなくスピンの量に関してもそうです。回転の多いボールは壁に当たってから変化が大きく対応が難しいです。
  2. 角度もつけやすいのでフェンスが狙いやすく、フェンスはランダム性の高いバウンドをさせるので対応が難しいです。
  3. パデルにはスマッシュ系のショットが多く初中級以上で習得するバンデッハ・ビボラなどその他にも沢山のショットがあるので、そこから生まれる沢山の戦術で相手を翻弄できます。

ロブの重要性

もしかしたら「私ボレーが苦手なんです」「ストロークが得意なんです」という方がいるかも知れません。どれだけ後衛が強くても、前衛ができる相手に勝つことはできないと思ってください。

なぜなら後衛は基本的厳しい状況に追いやられているからです。後衛のショットにはストローク、ロブ、チキータ(前衛の足元に落とすショット)などがあります。しかしこれらのショットには高い正確性が求められます。

  1. ストロークはただのストロークでは驚異になりませんので、自分たちが優勢になるためには強いショットが必要なることを前提に考えると単純にネットやアウトのリスクが高くなります。
  2. チキータはネットから10cm程度の高さまでで狙わなければ相手のチャンスボールになってしまう可能性がある。
  3. ロブはミスショットをしてしまうと相手のチャンスボールになってしまう。

以上のような理由から後衛は常に苦しい状況で戦っていることになります。

後衛から形勢逆転ショット

この苦しい状況を打開してくれるおすすめのショットがロブです。成功すれば簡単にネットポジションを奪うことができます。そのためロブの必要性はとても高いです。「いやいやさっきチャンスボールになってしまうって言っていたじゃないか。」と思うかもしれません。確かにミスショットをしてしまうと相手のチャンスボールになってしまいます。

しかしそれらの理由を凌ぐほど初級レベルの戦いにおいてロブはとても良い点を持っています。

ロブの良い所

ロブの良いところを再確認するためにそれぞれのショットのリスクについてもう一度しっかりと確認しましょう。

ストロークのリスク

  1. アウトになる確率が高い(軌道が上向きで強く飛ぶとすぐにアウト)
  2. そのためネットスレスレを狙う必要があるがそれはネットの確立を上げる
  3. ショットが入っても返球されれば自分たちは後衛を続けなければならない(後ろに抜ければその限りではない)

チキータのリスク

  1. チキータは相手の足元に沈めるための、あまり球速をもったショットではないので少し浮いてしまうとチャンスボールになることもある。
  2. そのためネットスレスレを狙う必要性があり必然的にネットの確立が高くなる。またサイドを狙うことが多くなるのでサイドアウトの確率も高くなる。
  3. ショットが入っても自分たちは後衛を続けなければならない(上級レベルのようにチキータでネットにつめることが可能であればその限りではない)

ロブのリスク

  1. ミスショットすると相打のチャンスボールになる。しかしチャンスボールはアウトやネットのようにポイントが決定するミスではなく。相手がスマッシュをミスする可能性もあれば、こちらがスマッシュカウンターできる可能性もある。
  2. アウトの確率がある。しかしネットミスはほぼありえない。
  3. ショットが地味である。

ロブの良い所

上記を踏まえて逆にロブの良いところを確認しましょう。

  1. ロブが抜ければ自分たちが前を取れる。
  2. ロブが抜ければ初級レベルの相手は正確に返球することが難しくチャンスボールが上がって来る可能性が高い。あわよくばミスしてくれる。
  3. ネットミスはほぼありえない。
  4. チャンスボールになってしまっても絶対にポイントが取られるわけではない。
  5. ロブはネットすれすれを狙う必要がなければ相手の身長のスレスレを狙う必要もなく、どれだけ高く上げても問題はない。(天井がある場合は別)
  6. 自分たちの陣形が崩れているときなど時間が稼げる

以上のようにロブには沢山の良いところがあります。

ロブの使い方

それではどのタイミングでどこを狙ってロブを打てば良いのか確認していきましょう。

まずは相手のネットポジションにおけるホームポジションをチェックしましょう。いつも柱の何本目にポジションを取ることが多いのか確認します。このとき1本目や2本目あたりにポジションを取る人はロブが抜けやすいです。

しかし2〜3本目の柱の間らへんにポジションを取る人はロブは抜けにくく、無理して打つとアウトになってしまいます。ただ相手はとても悪いポジションにいますのでロブを使用しなくてもほどほどのストロークをできるだけ足元に打っておけばミスしてくれる可能性が高いです。

ミスを続けるとそのうちポジションが上がってくるので、そのときはすかさずロブを打ち前をとりましょう。逆に相手が後ろのポジションのまま前に出てこなくなるときがあります。このときはすかさずペアと前に詰めましょう。

狙うコースはロブの打ち方の記事でも解説したように圧倒的にセンター寄りがおすすめです。

注意点

初級から初中級クラスにおいてロブは非常に有効です。しかし中級クラス程度になってくるとロブをかわす為のあらゆるショットをマスターした選手がいるので今回の内容は初級〜初中級程度だと言うことを踏まえておいてください。

ロブの練習の仕方

レッスンを行うコーチという立場からすると、ロブに特化した練習というのはあまりやりたくありません。というのも相当やる気がある人でなければ面白くなくレッスンの雰囲気がダレてしまうからです。笑

大事なショットなのに派手さはないし、綺麗なロブが決まっても地味ですもんね…しかしうまくなりたい人ほど地味な練習が必要になります。そこで今回ロブ練習のモチベーションを上げるために以下のポイントをお勧めします。

  1. 天井ギリギリを狙う
  2. 無回転ボールになっているか
  3. サービスラインを超えているか
  4. 壁に当たってからの跳ね返りは、サービスラインより壁側か

これらを意識して練習できるとパデルらしい綺麗なロブが打てるようになりますし、練習にも身が入るのでお勧めです。

これはスペインで「雨のロブ」と称されるほどのものですから、是非テニスの王子様の大石秀一郎の「ムーンボレー」のように「レイニーロブ」を習得するつもりで頑張って見てください。笑

お知らせ

他のショットについてはこちらの記事「【パデルショット】種類と簡単解説まとめ」を参照してみてください。

戦略
スポンサーリンク
PADEL HACK